このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11789
JaLCDOI
Sort Key
2
タイトル(別表記)
Enzyme Immunoassay for Rabbit C-reactive Protein
フルテキストURL
著者
森 秀治 岡山大学医療技術短期大学部
抄録
Sensitive enzyme Immunoassay method specific for rabbit C-reactive protein was established. This was based upon specific Ca(2+)-dependent binding profile of C-reactive protein for some compounds containing phosphorylcholine moiety intramolecularly. By this method, more than 0.001μg of rabbit C-reactive protein was detectable. Specific binding of C-reactive protein for p-aminophenylphosphorylcholine immobilized on solid phase was inhibited by either addition of EDTA or phophorylcholine analogues, effectively. It may be useful to study possible roles of C-reactive protein in inflammatory regions.
抄録(別表記)
ウサギC-反応性蛋白質を感度良く測定できる酵素免疫測定法を開発した。本法は、C-反応性蛋白質が分子内にホスホリルコリンを含有する種々の化合物に対してCa(2+)依存的な結合活性を示すことに基づいており、本法によって0.001μg以上のC-反応性蛋白質の検出が可能となった。固相に結合させたp-アミノフェニルホスホリルコリンへのC-反応性蛋白質の特異的な結合活性はEDTAやホスホリルコリン誘導体を添加することによって効果的に消失した。本法は炎症部位でのC-反応性蛋白質の役割を明らかにする上で有効な手段となるものと考えられる。
キーワード
C-reactive Protein
Enzyme Immunoassay
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日
1992-02-05
2巻
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
23
終了ページ
28
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
fhs