JaLCDOI 10.18926/11921
タイトル(別表記) Comparative studies of proliferating cell nuclear antigen and bromodeoxyuridine staining pattern in rat regenerating liver cells
フルテキストURL 005_079_085.pdf
著者 﨑山 順子| 森 秀治| 一村 光子| 唐下 博子| 岡本 基| 遠藤 浩|
抄録 種々の条件下(10%緩衝ホルマリン・6時間、1%パラホルムアルデヒド・6時間、100%メタノール・4時間、70%エタノール・6時間、100%アセトン・2時間、カルノア液・4時間)で固定したラット再生肝組織に免疫組織染色を施し、Proliferating cell nuclear antigen (PCNA)の核内染色パターンについての検討を行った。その結果、100%メタノール及び70%エタノールで固定した場合には、明瞭な顆粒状の染色像が得られた。10%緩衝ホルマリン及び1%パラホルムアルデヒドの場合には、明瞭な顆粒状並びに弱いびまん性の染色像が得られた。S期に対する代表的なマーカーとして知られるBromodeoxyuridine (BrdU)の染色像との比較のもと、再生肝組織中のPCNA陽性細胞の数とBrdU陽性細胞の数を再生ピーク時の術後1日目で検討したところ、100%メタノール及び70%エタノールで固定した際の陽性細胞数が、最もBrdUの所見と一致した。しかし、10%緩衝ホルマリン、1%パラホルムアルデヒド、100%アセトン、カルノア液で固定した場合には、BrdUの所見と著しい解離が見られた。これらの知見は、PCNAを指標に細胞増殖を評価する上で、100%メタノール、70%エタノールでの固定が有用であることを示唆する。
抄録(別表記) Immunohistochemical staining pattern of proliferating cell nuclear antigen (PCNA) was examined in rat regenarating liver specimens fixed under the various conditions (10% buffered formalin for 6 hr, 1% paraformaldehyde for 6 hr, 100% methanol for 4 hr, 70% ethanol for 6 hr, 100% acetone for 2 hr and Carnoy solution for 4 hr). Most distinct granular staining pattern of PCNA was observed in fixation with 100% methanol or 70% ethanol. Specimens fixed with 10% buffered formalin or 1% paraformaldehyde showed both distinct granular and slight diffuse pattern of PCNA staining. Specimens fixed with 100% acetone showed only slight diffuse staining. Specimens fixed with Carnoy solution showed little staining. Number of PCNA positive cells in the specimens fixed with 100% methanol or 70% ethanol on 24 hours after hepatectomy coincided closely with those of BrdU positive cells, which is known to be a representative marker of cell proliferation. In contrast, dissociative result was obtained in specimens fixed with 10% buffered formalin, 1% paraformaldehyde, 100% acetone or Carnoy solution when numbers of PCNA positive cells were compared with those of BrdU. These findings suggest that tissue specimens fixed with 100% methanol or 70% ethanol is useful for evaluating the extent of cell proliferation.
キーワード PCNA BrdU 免疫組織染色 (immunohistochemical staining) 再生肝 (regenerating liver)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1995-01-31
5巻
開始ページ 79
終了ページ 85
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313417
JaLCDOI 10.18926/11770
タイトル(別表記) A study on students' idears about the school syllabus
フルテキストURL 007_1_029_033.pdf
著者 太田 武夫| 下石 靖昭| 東 義晴| 一村 光子| 遠藤 浩| 岡﨑 愉加|
抄録 1995年4月に初めての本学のシラバス(講義要覧)が発行され、学生に配布された。本報は約1年後の1996年2月の試験期間中にシラバスに対する学生の意見を問うために行われたアンケート調査の結果をまとめたものである。回答を寄せた学生は435人で、在籍学生の89.0%であった。よく利用したとする学生は18.2%、数回利用したとする学生は67.6%であった。学生の使用目的はテストの準備や履修科目の決定のためであった。以上のことから、現在のシラバスは学生が日常的により活用するためにはさらに教師が改善、工夫する必要があると思われた。
抄録(別表記) The first syllabus of the School was published and distributed to all of the students in April,1995. Ten months later during the term examination, an opportunity arouse to question the sudents about their idears for the syllubus. A survery of all of the students was carried out and 435 students (89.0%) responded to it. They generally utilized it well, especially to decide which subjects they will take, to find out about the textbooks that will be used, and how to prepare for the examination. However it was found not to be sufficient for their daily use. Teachers therefore must make a greater effort in giving information about their lecture.
キーワード シラバス (syllabus) 授業計画 講義要覧 学生の意見 (student) use
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1996-09-30
7巻
1号
開始ページ 29
終了ページ 33
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313997