JaLCDOI 10.18926/15289
タイトル(別表記) 変形性膝関節炎患者膝関節液中の細胞外マトリックス成分と可溶性VCAM-1
フルテキストURL 007_2_099_103.pdf
著者 唐下 博子| 一村 光子| 崎山 順子| 岡本 基| 中田 安成| 遠藤 浩|
抄録 It is generally accepted that the number of patients with osteoarthritis (OA) of the knee must increase in the future because of the increase of the aged. The pathogenic mechanisms of OA haven't been elucidated yet, but it is supposed that mediate pannus may cause the factors for irreversible cartilage damage in the inflammatory process. Therefore it is very important to find and predict OA at the early stage. Now there were many indices to determine joint damage with OA, for example, cytokines including IL, TNF, TGF, matrix metalloproteinase (MMPs), tissue inhibitor of metalloproteinase (TIMPs), proteoglycan (PG), hyaluronate (HA), super oxide, adhesion molecules including, ICAM-1, VCAM-1 and PECAM. In this study, we measured that the soluble VCAM-1 (sVCAM-1), soluble collagen (sCOLL), heparansulfate proteoglycan (HSPG), uronic acis and CRP in synovial fluids (SF) with OA. A positive correlation between the level of sVCAM-1 and sCOLL (ρ = 0.652) was noted. However there was no factor showing a correlation with CRP. It was suggested that the levels of sVCAM-1 and sCOLL in the synovia fluid were active inflammation indices of knee damage, as the different aspects from CRP. The level of HSPG also showed a unique trend because HSPG on the cell surface was quickly digested endocytosis, so that it was not suitable for the inflammatory index in synovial fluid with OA.
抄録(別表記) 変形性膝関節炎(OA)患者は,高齢化社会の到来とともに今後ますます増加するものと考えられる。OAの発症メカニズムについては,関節軟骨の破壊・修復やパンヌス形成に関わる多くの関連因子(サイトカイン,マトリックス分解酵素,分解酵素抑制因子,プロテオグリカン,活性酸素,細胞接着因子など)について,多面的に研究が進んでいる。しかし,膝関節の炎症初期の病態のメカニズムについては,なお詳細に解明されておらず,関節炎初期の炎症指標の検索が今後さらに必要と考えられる。本研究で私たちは, OA患者膝関節液中の細胞外マトリックス構成成分であるコラーゲン,へパラン硫酸プロテオグリカン,ウロン酸および炎症の最も初期に血管内皮細胞に出現するVCAM-1等の可溶化成分濃度を測定した。患者膝関節液(SF)中の可溶性コラーゲン量と可溶性VCAM-1(sVCAM-1)量とは有意な正の相関関係が(ρ=0.652)観察された。しかし,ヘパラン硫酸プロテオグリカン(HSPG)と可溶性コラーゲン(sCOLL)値間には有意な相関関係は確認されなかった。また,一般に炎症の指標として用いられるCRP値とも比戟検討したが,CRP値と他の測定項目値とは一定の相関関係は存在しなかった。以上の結果より,OA患者のSF中の炎症マーカ-として,急性炎症時には従来の炎症指標蛋白質であるCRP値が有力であるというSipe JDの報告から推測するとsCOLLとsVCAM-1はCRP値と一定の相関を示さないことより,CRPの動態とは異なった炎症指標としての有用性が考えられる。しかし,HSPGはエンドサイトシスにより速やかに代謝されるためSF中への解離が少なく,炎症指標としての可能性は低いと考えられる。
キーワード 変形性膝関節炎 (Osteoarthritis) 細胞外マトリックス (Extracellular matrix) 可溶性VCAM-1 (Soluble VCAM-1) 可溶性コラーゲン (Soluble Collagen) 可溶性ヘパラン硫酸プロテオグリカン (Soluble HSPG)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1997-01-31
7巻
2号
開始ページ 99
終了ページ 103
ISSN 0917-4494
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307341
JaLCDOI 10.18926/15268
タイトル(別表記) ヒト血清リポタンパク質とシクロデキストリンのアガロースゲル内における相互作用
フルテキストURL 007_2_093_097.pdf
著者 一村 光子| 唐下 博子| 崎山 順子| 森 秀治| 伊藤 昔子| 中田 安成| 遠藤 浩|
抄録 Cyclodextrins (CDs) are cyclic oligosaccharides with low molecular weight. They have been known to bind to some serum lipoproteins and to form complexes. To elucidate whether each serum lipoprotein subclass could be separated by electrophoresis using CDs, we performed preliminary experiment, in which lipoprotein-CDs interaction was examined on electrophoresis with agarose gel. When the supporting agarose gel containing both α-CD and β-CD was prepared and was applied to isoelectric focusing for fractionating serum lipoproteins, apoB lipoproteins were found to be clearly separated into several fractions on this electrophoresis. This finding suggested that apoB lipoprotein may be detected as isolated form by arranging amounts of added CDs.
抄録(別表記) シクロデキストリンは低分子量の環状オリゴ糖で, リポタンパク質と複合体を形成する。シクロデキストリンを使用した電気泳動による血清リポタンパク質サブクラスの分離の可能性を明らかにするために, リポタンパク質とシクロデキストリンとの泳動用ゲル内での相互作用について検討をおこなった。その結果,α-CDとβ-CDの2種類のCDをアガロースゲルに添加し,このゲルを泳動用支持体として等電点電気泳動をおこなったところ,apoB含有リポタンパク質が数分画分離された。したがって,ゲル内へのシクロデキストリンの適正な添加条件が設定できるならば,apoB含有リポタンパク質サブクラスの分離が可能となることが示唆された。
キーワード 血清apoB含有リポタンパク質 (serum apoB lipoprotein) シクロデキストリン (cyclodextrin) 等電点電気泳動 (isoelectric focusing (IEF)) agarose gel
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1997-01-31
7巻
2号
開始ページ 93
終了ページ 97
ISSN 0917-4494
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307426
JaLCDOI 10.18926/15129
フルテキストURL 066_085_091.pdf
著者 Chowdhury Riaz| 越智 浩二| 原田 英雄| 田中 淳太郎| 水島 孝明| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 一村 光子| 穐山 恒雄| 横田 聡|
抄録 Experimental model of pancreatitis is mandatory for elucidating the pathobiology of the disease and also to see the response of a novel treatment. In addition, the need for an animal model of chronic pancreatitis is further strengthened by the relative inaccessibility and paucity of the human pancreatitis tissue. Whereas various models of acute pancreatitis and also of exocrine pancreatic tumor have been described, chronic pancr-eatitis has not been consistently reproduced in experimental animals. Many researchers attempted to establish an experimental model of chronic pancreatitis either by partially obstructing the drainage of pancreatic secretion in dogs and cats or by feeding alcohol to dogs and rats with and without temporary occlusion of the biliopancreatic duct or by surgically inducing ischaemia in the pancreas of the dogs. But, none of these models is identical with human disease. A consistently reproducible model of human chronic pancr-eatitis probably does not exist. In this expanding era of molecular biology which promises us to enhance greatly our understanding of this disease, a right experimental model of chronic pancreatitis is still in progress.
抄録(別表記) 疾患の実験モデルの作成は,その疾患の病因,病態の解明,さらに治療法の開発のために重要である。筆者らの一人は厚生省難治性膵疾患調査研究班の班員として,慢性膵炎の病態の解明や治療法の開発に関する研究を行っており,その研究の一環として,慢性膵炎の実験モデルの作成を現在行っている。そこで,これまで報告されている慢性膵炎の実験モデルについて概要を報告した。種々の動物や方法でヒト慢性膵炎に病因,病態,組織像が類似するモデルの作成が試みられてきたが,そのすべてが合致するような慢性膵炎モデルは確 立されてはいない。近年の分子生物学的研究の進歩は著しく,実験モデルへの応用が種々なされている現在,より簡便で再現性のある慢性膵炎モデルの作成が望まれるところである。
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 85
終了ページ 91
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307190
JaLCDOI 10.18926/15128
タイトル(別表記) Collagen degradation and in the pathogenesis of dieseases
フルテキストURL 066_078_084.pdf
著者 越智 浩二| 原田 英雄| Chowdhury Riaz| 山下 晴弘| 一村 光子| 田中 淳太郎| 妹尾 敏伸| 松本 秀次| 水島 孝明| 横田 聡| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 組織のコラーゲン沈着にはコラーゲン合成系と分解系の不均衡によって生ずる。従来,主としてコラーゲン合成系が注目されていたが,最近の研究の進歩により,コラーゲン分解系が重要な役割を演ずることが明らかになってきた。コラーゲンの分解系には細胞内と細胞外の二つの経路が存在する。それぞれcollagenolytic cathepsinおよびmatrix metalloproteinases( MMP)がコラーゲン分解能を有する重要な酵素である。その調節因子については細胞外の経路についての解明か進んでいる。MMPの遺伝子の発現にはサイトカインや成長因子が関与し,IL-1やTNF-αは強力な誘導因子である。一旦,遺伝子か発現すれば,MMPは合成され,細胞外に不活性型(latent form)で分泌される。不活性型のMMPが活性化する過程にはplasminogen activator inhibitorやtissue inhibitors of metalloproteinases(TIMP)などの阻害因子が存在し,MMP活性を調節する。TIMPの遺伝子の発現にもサイトカインや成長因子が関与する。MMPがTIMPを上回るような病態では組織破壊が,逆にTIMPがMMPを上回るような病態では綿維化が生ずる。コラーゲン分解能の障害が線維化の維持や不可逆性に関与することが推察される。
抄録(別表記) Fibrosis is the result of net accumulation of collagen in the organ. This may occur as a consequence of alterations in the synthesis of collagen, their degradation, or both. Recent investigations revealed that a decrease in collagen degradation plays a crucial role in fibrogenesis. Two pathways exist in collagen degradation : extracellular and intracellular. Each pathway has an important enzyme; that is, matrix metalloproteinases (MMP) and collagenolytic cathepsin, respectively. Collagenolytic activity is regulated at several levels. Expression of MMP and tissue inhibitors of metalloproteinase (TIMP), which act as inhibitors of MMP, is regulated independently by a number of cytokines and growth factors. MMP, which is synthesized in the cell, is secreted in a latent form. Activation of the latent MMP is controlled by TIMP and plasminogen activator inhibitor. TIMP also inhibits activated MMP which can degrade connective tissue matrices including collagens. In the condition where TIMP is predominant over MMP, activity of collagen breakdown is reduced, and consequently collagen deposition occurrs.
キーワード 線維化 (Fibrosis) コラーゲン (Collagen) TIMP (tissue inhibitor of metalloproteinase) MMP (matrix metalloproteinase)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 78
終了ページ 84
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307516
JaLCDOI 10.18926/15095
タイトル(別表記) Mechanisms of pancreatic fibrosis
フルテキストURL 067_115_120.pdf
著者 越智 浩二| Chowdhury, Riaz| 一村 光子| 松村 直樹| 田中 淳太郎| 水島 孝明| 山本 良一| 原田 英雄| 横田 聡| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 谷崎 勝朗|
抄録 膵の線維化は慢性膵炎に特徴的な病理組織所見の一つであるが,その発生機序については不明な点か多い。慢性膵炎はいったん発症すれば,進行性かつ非可逆性であるとされるが,その非可逆性に膵の線維化が関与するとされる。膵の線維化の発生機序を明らかにし,線維化に対する根本的な治療法の確立が望まれるところである。そこで,本稿では今後の膵の線維化の研究課題を明らかにする目的で,現在までの膵臓線維化の発生機序に関する知見を整理した。
抄録(別表記) Pancreatic fibrosis is an outstanding morphological feature in chronic pancreatis although it is seen in pancreatic cancer and convalescent stage of acute pancreatitis. Progressive fibrosis in chronic pancreatitis leads to the destruction and contributes to irreversiblity of chronic pancreatitis. Exact mechanisms of pancreatic fibrosis is not yet unclear, although advances in molecular biology have revealed possible roles of cytokines and growth factors in it. We summarized our understanding of pancreatic fibrosis in the revIew.
キーワード 膵臓 (pancreas) 線維化 (fibrosis) サイトカイン (cytokine) 慢性膵炎 (chronic pancreatitis)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 115
終了ページ 120
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307876
JaLCDOI 10.18926/14992
タイトル(別表記) Endoscopic aspiration of pure pancreatic juice is useful in diagnosis and treatment of chronic pancreatitis.
フルテキストURL 068_094_098.pdf
著者 越智 浩二| 松村 直樹| 加藤 匡宏| 水島 孝明| 一村 光子| 原田 英雄| 谷崎 勝朗| 光延 文裕| 蓮岡 英明| 鶴見 哲也|
抄録 内視鏡的純粋膵液採取法の慢性膵炎診療における意義を検討した。本法を用い,セクレパン100単位静注後10分間膵液を採取するintaraductal secretin test(IDST,膵管内セクレチン試験)はこれまで膵外分泌機能検査のgold standardである十二指腸液を採取するセクレチン試験に代用ができ,しかも10分間の採取時間で終了する利点を有する。本法を施行することにより,蛋白栓が除去され,痔痛の消失に有用である。また,慢性膵炎と鑑別を要する膵癌を除外診断するために,本法によって採取した膵液の細胞診,腫瘍マーカー,癌遺伝子の検出は有用である。
抄録(別表記) Endoscopical aspiration of pure pancreatic juice is useful in following aspects. Firstly, intraductal secretin test by using this method can be substituted for duodenal secretin test, which is a gold standard examination for estimation of exocrine pancreatic function. In addition, endoscopic aspiration of protein pluge eliminates abdominal pain of some painful patients with chronic pancreatitis. Cytological examination, determination of tumor marker, and detection of oncogene in the obtained pancreatic juice are complementary diagnostic approach to pancreatic cancer, which must be differentially diagnosed from chronic pancreatitis.
キーワード 慢性膵炎 (chronic pancreatitis) 膵液 (pancreatic juice) 内視鏡 (endoscopy) 膵外分泌機能検査 (exocrine pancreatic function test)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 94
終了ページ 98
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308491
JaLCDOI 10.18926/14965
タイトル(別表記) 膵癌における癌遺伝子および癌抑制遺伝子
フルテキストURL 069_082_087.pdf
著者 越智 浩二| 松村 直樹| 一村 光子| 水島 孝明| 原田 英雄| 蓮岡 英明| 横山 元浩| 鶴見 哲也| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 Recent advances in molecular biology have revealed that a number of oncogenes (K-ras, erbB-2, and Met) and tumor suppressor genes (p53, p16, APC, and DCC) contribute to the development of pancreatic cancer. This paper reviewed the present knowledge of oncogenes and tumor suppressor genes relevant to pancreatic cancer. Further studies on molecular alterations in pancreatic cancer may lead to a better understanding of tumor biology, offering a possibility of development of new diagnostic and therapeutic approaches in the future.
抄録(別表記) 膵癌の予後は惨憺たるものである。一方で,最近の分子生物学の分野での研究の進歩により,遺伝子レベルでの異常が膵癌では数多く存在することも明らかになってきた。膵癌の予後を改善するために,発展が期待される膵癌における遺伝子診断や遺伝子治療に向けて現在までの膵癌で明らかになった癌遺伝子(k-ras,erbB-2,Met),癌抑制遺伝子(p53,p16,APC,DDC)について,概説した。
キーワード Pancreatic cancer oncogene tumor suppressor gene genetic mutation
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 82
終了ページ 87
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308547
JaLCDOI 10.18926/14913
タイトル(別表記) マトリックスメタロプロテアーゼと膵疾患
フルテキストURL 071_076_083.pdf
著者 横山 元浩| 越智 浩二| 水島 孝明| 一村 光子| 鶴見 哲也| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 Matrix metalloproteinases (MMPs) is a family of collagenolytic enzymesand are associated with many pathological conditions. Especially, MMPs have a strong relation with tumor progression and invasion. In this review, we focused on association of MMPs and pancreatic diseases, and a potential treatment of MMPs inhibitors for pancreatic cancer.
抄録(別表記) マトリックスメタロブロテアーゼ(MMP)は,コラーゲン分解能を有し,種々の疾患との関連性が示唆されている。とりわけ,癌の浸潤,転移には密接な関係があるとされている。また,MMP阻害剤を癌の治療に用いる試みもなされている。本稿ではMMPと膵疾患の関連性,MMP阻害剤の膵癌への応用の可能性について総説する。
キーワード matrix metalloproteinase(MMP) tissue inhibitor of metalloproteinase(TIMP) pancreatic cancer (膵癌) chronic pancreatitis (慢性膵炎)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2001-02-01
71巻
開始ページ 76
終了ページ 83
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308587
JaLCDOI 10.18926/11918
タイトル(別表記) リウマチ因子陽性ヒト血清中の免疫グロブリンGクラスリウマチ因子と免疫複合体ならびにCRPとの相関性
フルテキストURL 005_071_077.pdf
著者 唐下 博子| 一村 光子| 﨑山 順子| 森 秀治| 中田 安成| 遠藤 浩|
抄録 We measured the concentration of three immunoglobulin classes of rheumatoid factors (Ig-RFs), C3d binding IgG immune complex (C3d-IC), C1q binding IgG immune complex (C1q-IC) and C-reactive protein (CRP) in 74 samples of human sera with high levels of RF (24.0~2350.0IU/ml). In sera with high levels of C3d-IC (>15.0μg/ml), there was a positive correlation between the levels of CRP and the IgG-RF, but there was no correlation between the levels of CRP and the immune complexes (C3d-IC and C1q-IC). And then, there was a positive correlation between the levels of CRP and IgG-RF or C3d-IC and IgG-RF when the levels of C1q-IC in patients sera were higher than 80.0μg/ml. However, there was no correlation between the levels of CRP and C1q-IC in these patients sera containing high levels of both C3d-IC and C1q-IC. These results indicated that the determination of C3d-IC, C1q-IC, IgG-RF and CRP in human sera containing RF denote different implications as inflammatory indexes on progression of rheumatoid arthritis and other autoimmune diseases.
抄録(別表記) 一般に慢性関節リウマチの診断ならびに活動性の一指標として、日常臨床検査では患者血清中のリウマチ因子の測定が実施されている。本論文ではRF検査依頼が有り、高RF値(24.0~2350.0IU/ml)を示した患者血清74検体について、免疫グロブリンクラス別RF値を測定するとともに自己IgGと補体との免疫複合体(IC)であるC1q-IgG・IC(C1q-IC)、C3d-IgG・IC(C3d-IC)ならびにCRP値を測定し、それらの測定値間の相関性について統計学的検討を行った。C3d-IC値が15.0μg/ml以上の高値を示す患者血清では、CRP値とIgGクラスのRF(IgG-RF)値間については正の相関結果がが得られた。また、C1q-IC値が80.0μg/ml以上の場合にもCRP値とIgG-RF値間およびC3d-IC値とIgG-RF値間では正の相関結果が得られた。しかし、C3d-ICならびにC1q-ICともに高値例の患者血清中のCRP値とC1q-IC値間には有意な相関は観察されなかった。以上の結果より、慢性関節リウマチの活動度を判定する上で、従来から炎症マーカーとしてCRP値が利用されているが、血清中に免疫複合体が高レベルに検出される患者については、炎症の指標としてCRP以外にもC1q-ICやC3d-ICおよびIgG-RF等を加えた総合的な判断が必要であることが示唆される。
キーワード self-associating IgG rheumatoid factor (自己IgG結合性リウマチ因子) C1q binding IgG immune complex (C1q結合IgG免疫複合体) C3d binding IgG immune complex (C3d結合IgG免疫複合体) C-reactive protein (C反応性タンパク質(CRP))
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1995-01-31
5巻
開始ページ 71
終了ページ 77
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313402
JaLCDOI 10.18926/11871
タイトル(別表記) IgG Heavy-Chain Subclass Typing of Human Serum M-Protein -Optimal condition for the separation and the detection with high resolution of agarose gel isoelectrofocusing-
フルテキストURL 004_047_051.pdf
著者 一村 光子| 唐下 博子| 崎山 順子| 中田 安成| 遠藤 浩|
抄録 IgG Heavy-Chain subclass typing of human serum M-protein were isoelectrofocussed (IEF) in agarose gel, and then the bands of IgG were detected with peroxidase-conjugated anti-human IgG1-4 monoclonal antibodies on the same isoelectrofocussed agarose gel plate. This IEF enzyme immunodetection patterns were composed of four to eight discrete bands (The range of pI was 6.0 to 9.0). These bands were dependent on immunofixationbands. It was very specific and clear to detect the subclass of IgG Type M-protein in human serum using this method.
キーワード IgG Subclass M-Protein Isoelectrofocusing Monoclonal Antibodies
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1994-01-31
4巻
開始ページ 47
終了ページ 51
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313808
JaLCDOI 10.18926/11790
タイトル(別表記) The Units of IgM, IgA and IgG Rheumatoid Factors by Enzyme Linked Immunosorbent Assay in Human Sera
フルテキストURL 002_029_033.pdf
著者 唐下 博子| 一村 光子| 崎山 順子| 大井 治昭| 笹井 誠二|
抄録 The measurement of Rheumatoid Factor (RF) has been a valuable tool in diagnosing Rheumatoid Arthritis (RA) for many years. Since Waaler's discovery of the RF, many studies have been carried out. In the recent years studies have been shown that there is no such correlation between the level of the RF titers and disease activity. In this report we have measured the IgM-RF, IgA-RF and IgG-RF by an Enzyme linked immunosorbent assay (ELISA) for 144 normal human sera and 50 patients sera. At the same time we have measured the titers of gelatin particle agglutination (RAPA) and the Latex agglutination (RA-test). The value of IgG-RF have been most correlated to the titers of RAPA (r=0.9037). Using this ELISA technic to detect IgM-, IgA- and IgG-RF, have been aviable more clearly the activity and the stage of Rheumatoid disease.
キーワード ELISA IgM-RF IgA-RF IgG-RF RA test
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1992-02-05
2巻
開始ページ 29
終了ページ 33
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313792
JaLCDOI 10.18926/11759
タイトル(別表記) 長期ホルマリン固定により失活したProliferating Cell Nuclear Antigen (PCNA) の免疫反応性回復条件の基礎的検討 ―マイクロウェーブ、オートクレーブの影響について―
フルテキストURL 007_1_009_015.pdf
著者 崎山 順子| 一村 光子| 唐下 博子| 遠藤 浩| 川上 香利| 河谷 友紀|
抄録 Using paraffin-embedded tissue sections of liver cancer obtained from autopsy which had been preserved in 10% buffered formalin solution for 6 months while PCNA immunoreactivity was lost, we examined the effects of heat processing by either microwave(MW) and autoclave(AC) in the presence of various processing solution. It appeared that AC processing took shorter time period than MW irradiation to restore equal immunoreactivity. With regard to immunoreactivity retrieval by MW irradiation,however, variation of the degree of retrieval depending on processing time was smaller than in AC, and so the stable consequences were obtained. Although AC processed tissues tended to be stained deep, prolonged processing time presented strong background staining and blurred nuclear margins which made it difficult to estimate the positive cell count. As for the effects of processing solution, there was little difference in retrieval of PCNA among 0.01 M citrate buffer (pH 6.0), saturated solution of lead thiocyanate and distilled water, but the least background staining was observed with distilled water. These observations suggest that MW irradiation of which effect of retrieval is less dependent of processing time and with the least background stainability, is superior to AC processing for PCNA immunoreactivity retrieval on formalin-fixed tissues.
抄録(別表記) 10%緩衝ホルマリンに6ヶ月間浸漬していた剖検材料(肝臓癌)のパラフィン包埋後の組織切片を用いて、ホルマリンの固定作用により失活したPCNAの免疫反応性の回復にマイクロウェーブ(MW)及びオートクレーブ(AC)による熱処理とその時用いる処理溶液が、どのような影響を与えるかについて検討した。その結果、同等の免疫反応性を回復するのには、AC処理の方がMW照射より短時間でよいことが解った。しかし、MW照射による免疫反応性回復では、処理時間による影響がAC処理に比べて少なく、安定した結果が得られた。また、PCNAの染色所見については、AC処理の方が濃く染まる傾向が見られた。しかし、処理時間が長くなるとバックグラウンドの染色性が高くなる、核の周囲ににじみ現象が見られる等の所見があり判定に困難をきたした。一方、処理溶液についてはクエン酸(0.01M pH6.0)、チオシアン酸鉛飽和溶液、蒸留水について検討を行った結果、PCNAの回復には差は認められなかったが、バックグラウンドの染色については蒸留水が最も少なかった。以上の結果により、ホルマリン固定により失活したPCNAの免疫反応性を回復するには、MW照射の方がAC処理より処理時間に関係なく安定した染色性が得られ、なおかつバックグラウンドの染色性が少ない等の点で優れていることが示唆された。
キーワード PCNA microwave (マイクロウェーブ) autoclave (オートクレーブ) immunohistological staining (免疫組織染色) formalin fixation (ホルマリン固定)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1996-09-30
7巻
1号
開始ページ 9
終了ページ 15
ISSN 0917-4494
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313519