このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11369
Eprint ID
11369
フルテキストURL
タイトル(別表記)
語い教授における対話スクリプトを使ったオーセンティックな話言葉の規範の使用
著者
C. J. Creighton 岡山大学
抄録
This investigate teaching pragmatic competence, specifically the appropriate register. The subjects were 34 2nd year EFL students enrolled in "Basic Conversation", over one semester, at a Japanese national university. Students wrote and performed 4 scripted dialogues as part of an ABAB single case study where the intervention was focusing exercises of optimal features of the oral register authentic NS dialogues. Comparison of the baseline and subsequent scripts using the Wilcoxon Signed Ranks Test (non-parametric) showed a significant increase in the use of spoken features. Student feedback and instructor observation also provided corroboration. The results point to the utility of authentic materials in the Japanese EFL classroom.
抄録(別表記)
本研究は、適切な語い使用という語用論的能力の教授について考察するものである。被験者は日本の国立大学における34人のEFL学習者で、Basic Conversation の授業を履修する学生である。彼らは、ABAB single case study の中で4つの対話スクリプトについて記述、実演を行い、実験の処遇として、オーセンティックなNSの対話における口語的な語いの主な特徴の使用についての活動が含まれる。Wilcoxon Singled Ranks Test によって、話し言葉の特徴の使用について、処遇の有無による有意差があることが分かった。本研究の結果は、日本人EFL学習者のクラスにおけるオーセンティック・マテリアルの使用の有用性を示したものとなっている。
キーワード
pragmatic competence (語用論的能力)
oral register (口語的な語い)
authentic language (オーセンティックな話し言葉)
scripted dialogues (対話スクリプト)
ABAB single case study
発行日
2001
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
1巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
99
終了ページ
112
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
rdc