このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15156
Eprint ID
15156
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Study on the relatjonship between the bone mineral density mesured by QCT and the osteoporosis therapy.
著者
梶本 和宏 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
高田 一郎 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
横田 聡 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
小林 靖明 岡山大学医学部附属病院三朝分院産科婦人科
中桐 善康 岡山大学医学部附属病院三朝分院産科婦人科
中井 睦郎 岡山大学医学部附属病院三朝分院放射線室
穐山 恒雄 岡山大学医学部附属病院三朝分院放射線室
抄録
当院通院あるいは入院中の女性患者54例を対象に骨塩量を経時的に3回測定し検討を行った。54例の骨塩量の平均は3回とも有意差はなく,年次骨塩変化量は-3.1±14.6mg/cm(3)/yearであった。平均骨塩量の年齢別比較では40才台,50才台,60才台の順に有意な減少がみられ,60才台と70才以上との間には差は認めなかった。また50才台及び70才以上の年代で1年当たりの骨塩量の減少が大きい傾向が窺われた。身長と骨塩量との間に有意の正の相関を認めたが,体重との間には有意の相関を認めなかった。血清中Ca,P及びALPと骨塩量との検討ではいずれも有意の相関を認めなかった。骨塩変化量減少群と増加群との比較では,平均骨塩量及び背景因子の間に差を認めなかった。女性,特にステロイド療法を必要とする患者については閉経の時期にあたる40~50才台より積極的に骨粗髭症対策を考える必要性があると考えられた。また運動療法については温泉プール療法自体を再検討するとともに,骨粗髭症に特異的な運動療法の確立が必要と思われた。
抄録(別表記)
Bone mineral densities (BMD) were mesured 3 times in 54 females aged 40 to 84 years old to evaluate about relationship between BMD and osteoporosis therapy or patient background factors. BMD decreased 3.1±14.6mg/cm(3) per year, and BMD values were more decreased in subjects with the age of 50's and over 70's than in those with the age of 40's and 60's. In patients with bronchial asthma or rheumatoid arthritis, treated with corticosteroids (predonisolone : 3-7.5mg/day), BMD were sigfnificantly more decreased than in patients without corticosteroid therapy. There was a significant positive correlation between BMD and body height, but no correlation between BMD and body weight, serum Ca, P, or alkaline phosphatase. No differences in background factors were found between subjects with increased BMD and those with decreased BMD. These results indicate that female patients with corticosteroids need active treatments for the prophylaxis of osteoporosis at the age of 40's or 50's.
キーワード
骨粗鬆症 (Osteoporosis)
骨塩量 (Bone mineral density)
運動療法 (Exercise therapy)
QCT (quantitative computed tomograpy)
発行日
1994-09
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
65巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
69
終了ページ
76
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc