JaLCDOI 10.18926/OER/12386
タイトル(別表記) Turnaround Strategy in Small and Medium Enterprises
フルテキストURL 38_2_001_021.pdf
著者 谷 行治| 榎本 悟|
抄録 本論文ではターンアラウンドを成功させた中小企業について,ターンアラウンドの危機的状況とそこから脱出するターンアラウンド戦略の特徴を明らかにする。戦略がないと指摘される日本企業であるが,ターンアラウンド状況においては出血を止める短期的取り組みの「縮小戦略」と持続的競争優位をつける長期的取り組みの「復帰戦略」が必要である。特に後者の場合,特定市場に特定製品を集中させ競合他社との差別化を図り競争優位を確立するためには戦略的視点が重要となる。これら戦略に加え,ターンアラウンドを成功させるためには,リーダーシップの発揮やステークホルダーの支援 などをとりつける必要がある。この研究では,Robbins & PearceⅡ[1992]の「縮小戦略」と「復帰戦略」を時間軸の視点として捉え,さらに,その時間軸上においてSlatter & Rovett の「ターンアラウンドに必要とされる7つの要素」がどのように展開されるかを大企業と中小企業において同じフレームワークを用いた分析を試みる。そして,中小企業のターンアラウンド戦略の特色を提示したい。
抄録(別表記) By using an analytical framework, this paper deals with the turnaround strategy in small and medium enterprises (SMEs) which were once on the brink of bankruptcy. The framework we use comprises two dimensions. On the horizontal dimension, we divide two stages, one is withdrawal stage, the other recovery stage as time passes. On the vertical dimension, seven factors which are needed to make the company revive are explored. As a result, we are able to find at least two characteristics of the turnaround process in SMEs. First, it takes longer time for SMEs to get recovered, because they do not realize the importance of withdrawal stage, just drifting at the mercy of economic decline. Second, since SMEs are often short of business resources, they are not able to respond quickly to their economic crisis, even if they have a will.
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2006-09
38巻
2号
開始ページ 1
終了ページ 21
ISSN 03863069
言語 Japanese
著作権者 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120002304889