このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15163
JaLCDOI
Sort Key
17
タイトル(別表記)
Relationship between vertebral transformation (or fracture) and bone mineral density in lumbar vertebrae.
フルテキストURL
著者
中井 睦郎 岡山大学医学部附属病院三朝分院放射線室
穐山 恒雄 岡山大学医学部附属病院三朝分院放射線室
梶本 和宏 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科 Kaken ID researchmap
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
QCTによる腰椎海綿骨骨塩量と,圧迫骨折を含む,椎体(第11胸椎~第4腰椎)の変形率の関係を検討した。椎体変形率と腰椎QCT値の間の強い相関関係が確認され,椎体変形者全体の50%はQCT値70mg/cm(3)以下に分布し,90%は125mg/cm(3)以下に分布した。さらに,この70mg/cm(3)付近での椎体変形者の割合は50%であり,125mg/cm(3)付近での椎体変形の割合は10%であった。QCTによる腰椎海綿骨骨塩量測定値は,腰椎の変形および骨折の危険性を予 測する良好な指標であることが確認できた。
抄録(別表記)
In 360 females, Bone mineral density (BMD) in lumbar vertebrae (L2-L4) was assessed by quantitative computed tomography (QCT), and the values obtained were compared with the frequency of vertebral transformation or fracture as assessed by lateral scan image (scanogram) by X-ray CT. A correlation was observed between the frequency of vertebral transformation (or fracture) and lumbar BMD values : BMD under 125mg/cm(3) was observed over 90% of women with vertebral transformation, and BMD under 70mg/cm(3) was found about 50% of them. These results suggest that decrease in BMD in lumbar vertebrae leads to vertebral transformation or fracture. Thus, measurement of BMD by QCT would be very useful in predicting vertebral transformation or fractures.
キーワード
骨粗鬆症 (osteoporosis)
骨塩量 (bone mineral density)
QCT (quantitative computed tomography)
腰椎 (lumbar vertebrae)
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
発行日
1994-09
65巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
115
終了ページ
118
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc