このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17080
Eprint ID
17080
フルテキストURL
Thumnail 89_219.pdf 665 KB
タイトル(別表記)
Correction of whistling deformity in repaired cleft lip
著者
田中 徹 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
小倉 義郎 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
岸本 浩之 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
谷 互 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
吉田 萬子 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
黒住 望 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
抄録
A simple technique for secondary correction of“whistling deformity" in bilateral cleft lip patient was presented. A patient, 13-year-old boy, had primary plastic surgery on his bilateral cleft lip at the age of two months, and left whistling defect as a sequela. He had the secondary repair by modified free composite graft procedure from the lower lip with satisfactory results.
発行日
1977-02-28
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
89巻
1-2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
219
終了ページ
222
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/89/1-2/89_1-2_219/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma