著者 西山 久子| 淵上 克義|
発行日 2009-02-25
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
140巻
資料タイプ 紀要論文
著者 西山 久子| 淵上 克義|
発行日 2008-02-25
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
137巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/11418
タイトル(別表記) Clinical Evaluation and Assessment in School Setting
フルテキストURL 003_155_166.pdf
著者 山本 力| 塚本 千秋| 西山 久子| 赤澤 大史|
抄録 以下の報告は、平成14年8月26日に開催された岡山大学教育学部附属教育実践総合センター研修講座の教育臨床部門の分科会「シンポジウム:教育臨床における評価・見立てについて」での報告内容をもとに、発表者がそれぞれに再構成して書き下ろしたものである。シンポジウムのコーディネーターは塚原千秋が行った。そして、まず心理臨床の視点から山本が教育臨床の見立てとは何かについて模索した見解を報告した。続いて専任スクールカウンセラーの立場から西山が米国のスクールカウンセリングをモデルにした評価の仕方を詳しい報告にした。最後に学校でのブリーフセラピーの可能性を探る教師の視点から赤沢が実践的な方法と認識を報告した。
抄録(別表記) This paper is aimed at reporting the matter of symposium on the subject of clinical evaluation and assessment in school setting. The focus of discussion is especially on our needs to evaluate and assess students, personnel, parents, ourselves and "school guidance and counseling program". Each symposist expresses ones views and ideas, which are implemented through their work in school setting, and have to be elaborated in the future.
キーワード 教育臨床 (Clinical Judgement) 評価・見立て (Assessment) 教育相談体制 (School Counseling)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2003
3巻
1号
開始ページ 155
終了ページ 166
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313687
JaLCDOI 10.18926/11387
タイトル(別表記) The Background and Trend of Practical Peer Support and Peer-assisted Activities :the Beginning to Current Tendency of Peer Support and Peer-assisted Activities
フルテキストURL 002_081_093.pdf
著者 西山 久子| 山本 力|
抄録 私たちの社会では、習慣的に仲間支援の手法が用いられてきたが、近年、「ピアサポート」が学校教育現場に実践的に導入され、欧米で開発されてきた技法なども紹介されて仲間関係を積極的に活用しようという動きがある。福祉の領域などでは、より積極的に仲間支援が行われ、歴史的に見ても教育・福祉等の分野で活用してきた経緯がある。そうした支援は、相談活動、葛藤調停、仲間づくり、アシスタント、学習支援、指導、助言、グループリーダーの7項目に分類される。学校で生徒がもつ仲間支援の力が十分活用するようにプログラムが構成されるとき、生徒らにとって有効なピアサポート活動が実施できる。
抄録(別表記) Our society has been utilizing students' support for other peers. Lately "Peer Support" has been introduced to our school environment together with some strategies, and the purpose of this movement is to make a good use of peer relationship. In the field of social work, people are using the function. Even traditionally people have been using this helping relationship among peers both in the fields of education and social work. They are summarized in 7 categories, such as counseling, mediation, be-friending, assistance, tutoring, advising and goup-leading. When schooll utilizes students helping ability, people find useful and practical peer support program.
キーワード ピアサポート (peer-support) 仲間 (peer) ピアカウンセリング (peer-counseling) ソーシャルサポート (social support)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2002
2巻
1号
開始ページ 81
終了ページ 93
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313981
著者 西山 久子| 淵上 克義|
発行日 2006
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
133巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 淵上 克義| 今井 奈緒| 西山 久子| 鎌田 雅史|
発行日 2006
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
131巻
1号
資料タイプ 紀要論文