このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40041
フルテキストURL
Thumnail 122_125.pdf 1.86 MB
タイトル(別表記)
A case of linea alba hernia with impaction of the falciform ligament of liver
著者
宮宗 秀明 国立病院機構福山医療センター 外科
西江 学 国立病院機構福山医療センター 外科
岩垣 博巳 国立病院機構福山医療センター 外科
石井 裕朗 国立病院機構福山医療センター 放射線科
藤田 勲生 国立病院機構福山医療センター 内科
友田 純 国立病院機構福山医療センター 内科
抄録
A 78-year-old woman visited our hospital after developing severe abdominal pain and upper abdominal swelling. An emergency operation was performed following a diagnosis of linea alba hernia with impaction of the falciform ligament of the liver as observed on CT findings. A defect of about 30 mm in diameter was observed in the linea alba, and preperitoneal adipose tissue and the falciform ligament of the liver prolapsed from the location of the defect and were impacted. We resolved the impaction of the falciform ligament of the liver by dissecting it, and we resected the preperitoneal adipose tissue. Simple closure was performed to correct the hernia orifice because the surrounding tissue was relatively rigid and the tension was mild. The patient's condition improved, and she was discharged on the 5th postoperative day.
キーワード
白線ヘルニア (linea alba hernia)
ヘルニア嵌頓 (strangulation)
備考
症例報告 (Case Reports)
発行日
2010-08-02
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
122巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
125
終了ページ
127
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma