このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 12816
Eprint ID
12816
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Statistical modeling for analysis of malaria epidemic behavior at Ishigaki Island
著者
植木 優夫 岡山大学
中川 祐希 岡山大学
笛田 薫 岡山大学
石川 洋文 岡山大学
抄録
It is necessary to consider a stochastic variability in modeling malaria epidemic behavior since the malaria infection cycle essentially depends on stochastic elements. For this requirement, we need to construct an appropriate statistical model from available data in advance. In this report, we provide some statistical models for the analysis of malaria epidemic behavior at Ishigaki Island. These models can be used for recurrence of past malaria epidemic and prediction of future malaria epidemic at Ishigaki Island.
キーワード
Anopheles minimus,
generalized liner model
Ishigaki Island
malaria epidemic behavior
prediction
stochastic model
備考
本研究は,厚生労働科学研究費「新興・再興感染症の研究」(Grant no. H17-Sinko-ippan-019)の補助を受けて行った.
発行日
2008-03
出版物タイトル
岡山大学環境理工学部研究報告
出版物タイトル(別表記)
Journal of the Faculty of Environmental Science and Technology Okayama University
13巻
1号
出版者
岡山大学環境理工学部
出版者(別表記)
Faculty of Environmental Science and Technology, Okayama University
開始ページ
7
終了ページ
15
ISSN
1341-9099
NCID
AN10529213
資料タイプ
紀要論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/est/homeJapan.html
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
fest