このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14132
Eprint ID
14132
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Separation and determination of n-alkylamines by reversed-phase high-performance liquid chromatography coupled with merging zone derivatization to water-soluble Schiff bases
著者
高柳 俊夫 岡山大学理学部化学科
Driouich Rim 岡山大学理学部化学科
澤井 邦子 岡山大学理学部化学科
Li, Qiong 岡山大学理学部化学科
大島 光子 岡山大学理学部化学科
本水 昌二 岡山大学理学部化学科
抄録
Separation and determination of n-alkylamines were investigated with anionic aldehydes to form water-soluble Schiff bases by using reversed-phase high-performance liquid chromatography (RP-HPLC). Two labeling reagents of salicylaldehyde-5-sulfonate (SAS) and 4-(4-sulfophenylazo)-1-hydroxy-2-naphthaldehyde (SPAHNA) were investigated. Sample solution containing the analytes and reagent solution were simultaneously injected and merged in the flow line, and water-soluble Schiff bases were formed in the reaction tube with its length of 5 m and at 70°C. The Schiff bases were resolved with water-methanol eluent on a reversed-phase column and photometrically detected. The entire analysis time including on-line derivatization, column separation and detection was accomplished within 25 min with SAS and 18 min with SPAHNA. The determination range for the n-alkylamines are 0∼50 μM with the limit of detections at 0.5∼1.0 μM for SAS and 0.08∼0.20 μM for SPAHNA.
抄録(別表記)
n-アルキルアミン類の分離定量法として,陰イオン性アルデヒドを誘導体化試薬として用いる吸光検出-逆相分配高速液体クロマトグラフィーを検討した.誘導体化試薬としては,サリチルアルデヒド-5-スルホン酸イオン(SAS)と4-(4-スルホフェニルアゾ)-1-ヒドロキシ-2-ナフトアルデヒド(SPAHNA)を用いた.n-アルキルアミンを含む試料溶液と試薬溶液はそれぞれの流路に同時に注入され,マージングゾーン法によりオンラインで混合され,5 m,70℃ の反応コイル中で水溶性シッフ塩基へと誘導体化された.生成した水溶性シッフ塩基は逆相カラムにより分離され,吸光検出された.オンライン誘導体化とカラム分離/検出を含む分析時間は,SASを用いた場合25分,SPAHNAを用いた場合は18分であった.アルキルアミン類に対する検量線は0~50 μMの範囲で良好な直線性が得られ,検出限界は,SASを用いた場合0.5~1.0 μM,SPAHNAを用いた場合は0.08~0.20 μMであった.
キーワード
n-alkylamines
salicylaldehyde-5-sulfonate
4-(4-sulfophenylazo)-1-hydroxy-2-naphthaldehyde
merging zone
reversed-phase HPLC
発行日
2004-10-22
出版物タイトル
分析化学
出版物タイトル(別表記)
Bunseki Kagaku
53巻
7号
出版者
日本分析化学会
出版者(別表記)
The Japan Society for Analytical Chemistry
開始ページ
723
終了ページ
728
ISSN
0525-1931
NCID
AN00222633
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
Japanese
著作権者
日本分析化学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI