このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14695
Eprint ID
14695
フルテキストURL
著者
永松 知洋 岡山大学大学院保健学研究科
花房 直志 岡山大学自然生命科学研究支援センター光・放射線情報解析部門鹿田施設
金野 郁雄 岡山大学自然生命科学研究支援センター光・放射線情報解析部門鹿田施設
迫田 晃弘 岡山大学大学院保健学研究科
花元 克巳 岡山大学大学院保健学研究科
山岡 聖典 岡山大学大学院保健学研究科
小野 俊朗 岡山大学自然生命科学研究支援センター光・放射線情報解析部門鹿田施設
抄録
In Japan, the Law for the Regulation of Nuclear Source Materials, Nuclear Fuel Materials and Reactors (Regulation Law) controls the nuclear fuel materials such as thorium (Th), uranium (U) and plutonium (Pu). Under the Regulation Law, all related materials and reactors are needed to register to the Government. In Okayama University, many nuclear fuel materials, mainly uranium compounds, are registered and stored in 11 departments, separately. Discrimination between depleted uranium and natural uranium is important for the observance of the Regulation Law and the safety management of the nuclear fuel materials in the Okayama University. However, the discrimination of the two kind of uranium has poorly analyzed. In this study, we analyzed several uranium compounds by using γ-ray spectrometry to determine whether the depleted uranium or not.
キーワード
Nuclear Fuel Materials
Depleted Uranium
Natural Uranium
γ-ray Spectrometry
備考
論文
発行日
2008-12
出版物タイトル
環境制御
出版物タイトル(別表記)
Environmental research & control
30巻
出版者
岡山大学環境管理センター
出版者(別表記)
Environmental Management Center, Okayama University
開始ページ
33
終了ページ
37
ISSN
0917-1533
NCID
AN1024789X
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
erc