JaLCDOI 10.18926/15218
タイトル(別表記) Study of childcare anxieties and way coping in O city
フルテキストURL 013_2_099_107.pdf
著者 板倉 祐子| 大土 井希| 小池 麻希子| 梅地 智恵| 野村 佳代| 樋口 まち子|
抄録 本研究の目的は,母親たちが育児に関して直面している不安を把握し,その不安に対する保健師の対処の実態を明らかにすることである。そこでO市にあるN保健センターの家庭訪問と月1回の育児相談会において,保健師が受けた育児に関する相談を分析した。対象はN保健センター管内の4つの地区で,1歳2ヶ月未満の児を持つ母親からの216件の相談内容である。その結果,母親たちの育児不安で最も多かったのは児の身体や栄養についてであった。さらに不安は出産順位によっても差があり,また児の月齢により変化し,その内容は児の成長発達と深く関係していた。そして,育児に関する情報は増えているものの,個別性に欠けていることや,母親たちの知識に偏りがあることも明らかになった。これらの結果をもとに,現在の母親が抱える不安の傾向を考察し,N保健センターで実施している育児支援活動を踏まえ,母親の不安の対処について検討した。
抄録(別表記) The purpose of this study is to identify childcare anxieties of mothers and how public health nurses cope with them. The data was collected from the contents of 216 consultations of mothers with children under 14th months of age carried by public health nurses of N public health center, O city. It was revealed that most of the consultations were about child's physical and nutritious concerns. The childcare anxieties associated with growth and birth order and the child's age in months. Moreover, we found that even though there is a large volume of information available about childcare, it is too general. Based on the research findings, we made clear tendency of childcare anxiety of mothers and how the public health nurses coped with them.
キーワード 母子保健 (Maternity health) 育児不安 (childcare anxiety)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2003-03-20
13巻
2号
開始ページ 99
終了ページ 107
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307542
JaLCDOI 10.18926/15245
タイトル(別表記) Report on the international conference, "Improving Life through Health Promotion : Nurses Making a Difference"
フルテキストURL 012_1_071_076.pdf
著者 樋口 まち子|
抄録 1986年のオタワ宣言以来,ヘルスプロモーションは先進工業国を中心に健康づくりの柱として健康政策策定に大きな役割を果たしてきた。20世紀後半になるとアジア諸国を始めとする発展途上国でも人口の高齢化や慢性疾患の増加に対応するために,ヘルスプロモーションを視野に入れた健康政策が策定されるようになった。このような状況の中で,各国国民のヘルスプロモーションに対する看護職が担うべき役割が世界的に問われている。「ヘルスプロモーションを通した発展:看護者が重要な成果を生み出す」と題した国際会議がタイで開催され,共催校の一つであるミシガン大学看護学部の教授で,世界保健機関(WHO)とともに長年ヘルスプロモーションの研究に取り組んでいるベンダー教授の基調報告は,それに対する回答でもあった。すなわち,看護者は科学者として成長するために,国際的共同研究の蓄積に努め,文化的背景が異なる人々にヘルスプロモーションの介入計画・評価を発展的に進めていくことが重要である。
抄録(別表記) Health promotion has obtained a high importance in the formulation of new health policies, especially in industrialized countries since the Ottawa declaration. At the end of the 20th century, health promotion was integrated into exiting health policies in developing countries in order to solve new health issues such as the increasing elderly population and chronic diseases. Nurses all over the world have to play an active role in order to perform effective health promotion activities and obtain satisfactory results from such intervention. An international conference titled "Improving Life through Health promotion : Nurses Making a Difference" was held in Thailand in January 2001. One of the key speakers, Professor Nola J. Pender who is the Dean of the research center for nursing research, University of Michigan, USA who has done extensive research on health promotion with WHO, reiterated that nurses, as scientists should make every effort to develop international research partnership so that they can expand the science of health promotion, design and test the effectiveness of interventions for culturally diverse populations.
キーワード ヘルスプロモーション (Health promotion) 看護の役割 (role of the nurse) 文化交流 (Cross-cultural exchange) 国際共同研究 (International research partnership)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 71
終了ページ 76
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308016