このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48136
フルテキストURL
Thumnail 124_59.pdf 5.21 MB
タイトル(別表記)
Gastric aberrant pancreas with acute pancreatitis treated with surgery
著者
篠浦 先 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
八木 孝仁 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学 科研費研究者番号
貞森 裕 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
松田 浩明 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
楳田 祐三 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
吉田 龍一 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
佐藤 太佑 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
内海 方嗣 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
横道 直佑 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
杭瀬 崇 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
藤原 俊義 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学 ORCID 科研費研究者番号
抄録
We experienced a case of gastric aberrant pancreas with acute pancreatitis. The patient was a 42-year-old man. He was referred to our hospital because of epigastric pain. A CT scan and endoscopic examination revealed a gastric submucosal tumor with inflammation. His serum amylase level was high at 222 IU/l. Endoscopic ultrasonography revealed a hypoechoic mass lesion, 3 cm in diameter, at the body of his stomach. Endoscopic ultrasoundscopy-guided fine needle aspiration was performed. Pathological examination showed pancreatic tissue. So, he underwent partial gastrectomy due to gastric aberrant pancreas with pancreatitis. There are very few cases of gastric aberrant pancreas with pancreatitis on record.
キーワード
異所性膵 (ectopic pancreas)
迷入膵 (aberrant pancreas)
粘膜下腫瘍 (submucosal tumor)
急性膵炎 (acute pancreatitis)
胃 (stomach)
備考
症例報告(Case Report)
発行日
2012-04-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
124巻
1号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
59
終了ページ
62
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2012 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma