JaLCDOI 10.18926/15244
タイトル(別表記) Research on satisfaction of elderlies with dementia in health care facilities.
フルテキストURL 012_1_063_070.pdf
著者 住吉 和子| 川田 智恵子| 岡野 初枝| 岡本 基| 高橋 聖之| 森 秀治| 辻本 久江| 須江 英子|
抄録 2つの老人保健施設に入所している痴呆老人について,観察者による彼らの満足度とその時に観察された行動の関係を明らかにすることを目的とする。調査対象者は,2つの老人保健施設に入所中で,本人または家族より調査への了系の得られた,歩行可能な痴呆老人各14名,合計28名である。観察者は対象者の行動を48時間観察し,どこで誰と何を行っているかとその時の満足度を調査票に記録した。満足度は対象者の表情や態度から観察者が判断し,大変満足を⑤とし,どちらとも言えないを③,大変不満足を①とした5段階評定で示した。その結果以下の3点が明らかとなった。 1)両施設で満足度の高い時間帯は,レクリエーションが含まれる"午前中の時間"であった。 2)満足度が高いのは,居場所では,"レクリエーションルーム・屋外"であった。 3)同行者は,"家族","観察者",行動は,"話をする",手伝いをするなど"自発的な行為"が多くみられた。以上により,2つの施設で満足度ごとの時間帯,居場所,同行者と行動が似通っていたことから,客観的に痴呆老人の満足度を把握することは可能であると考える。
抄録(別表記) The purpose of this study was to clarify if there is a relationship between the satisfaction of elderlies with dementia in health care facilities by subjective views of the investigator and their actions. The subjects of this investigation were 28 fully functional elderly clients with dementia who were living in 2 health care facilities. They or their family consented to take part in our research. 14 clients were chosen from each facilities. The investigators observed the clients for 48 hours and recorded where they were, with whom they were, what they did, as well as the client's level of satisfaction. The satisfaction levels were judged from the clients' appearances or attitudes by the investigations. There were five satisfaction including from 1 : unsatisfied to 5 : great satisfaction. The following three points were observed both in two facilities in common ; (1) the high satisfaction time period was "morning" when recreation was included. (2) the client received a high level of satisfaction when they were in the "recreation-room" or "outdoors", (3) the client received a high level of satisfaction whom they stayed with "their family" or "observers", when talking to someone or helping someone positively. Analysis of these results demonstrated there was similar pattern between the time of day and place and their companion or their actions among the subjects in two facilities. It can be assumed that it is able to observe elderlies with dementia satisfaction degree objectively.
キーワード 老人保健施設 (old people's health facilities) 痴呆老人 (elderlies with dementia) 満足度 (satisfaction)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 63
終了ページ 70
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307577
JaLCDOI 10.18926/11760
タイトル(別表記) Alteration of thermostable phosphatase activity after hydrophobic chromatography
フルテキストURL 007_1_017_021.pdf
著者 森 秀治| 岡本 基| 中田 安成| 遠藤 浩|
抄録 耐熱性ホスファターゼを含んだBacillus stearothermophilus 粗酵素試料を、リソースIsoによる疎水性クロマトグラフィにかけ分離を行った。1.5M→0M 硫酸アンモニウムの直線逆濃度勾配によって溶出を行ったところ、ホスファターゼは不活性な形で溶出され、これは硫酸アンモニウムによる濃度依存的阻害に起因することが判明した。ホスタファーゼの反応混合液に種々の濃度の硫酸アンモニウムを添加したところ、0.15Mの硫酸アンモニウム存在下で約80%の阻害が認められた。加えて、この阻害作用は単に硫酸アンモニウムの添加によってpHが酸性側に傾くことによるものではないことも明らかとなった。
抄録(別表記) Thermostable phosphatase partially purified from thermophilic bacteria, Bacillus stearothermophilus, was chromatographed on Resource Iso hydrophobic resin. When linear reverse gradient elution with 1.5 M → 0 M ( NH(4))(2)SO(4) was performed, phosphatase was found to be eluted as latent form, which revealed dose-dependent inhibitory effect of (NH(4))(2)SO(4) on phosphatase. When various concentrations of (NH(4))(2)SO(4) were added into phosphatase reaction mixture, about 80% inhibition was observed in the presence of 0.15 M (NH(4))(2)SO(4). Acidification by adding (NH(4))(2)SO(4) was not responsible for this inhibition, because addition of (NH(4))(2)SO(4) solution which pH was previously adjusted to 9.0 showed same inhibitory effect.
キーワード 耐熱性ホスファターゼ (thermophilic phosphatase) 疎水性クロマトグラフィ (hydrophobic chromatography) 硫酸アンモニウム (ammonium sulfate) 濃度依存的阻害 (dose- dependent inhibition)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1996-08-30
7巻
1号
開始ページ 17
終了ページ 21
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002314041
JaLCDOI 10.18926/11924
タイトル(別表記) Development of thermosensitive polymer-conjugated enzyme for repeated use.
フルテキストURL 005_087_090.pdf
著者 森 秀治| 遠藤 浩|
抄録 温度感受性ポリマー誘導体を作製し、アルカリホスファターゼ(ALP)と結合させることによって、反復利用が可能なALPの開発を試みた。温度感受性ポリマー結合ALPは、反応混合液の温度を37℃以上に温度を上げることによって、簡単に他の成分から分離回収することができ、回収後も約80%の活性を保持していることが明かとなった。
抄録(別表記) For the purpose of repeated use of enzyme, alkaline phoshatase congugated with the reactive derivative of thermosensitive polymer was developed. This novel enzyme was precipitated immediately and recovered from reaction mixture, when the solution temperature was raised to 37℃. Recovered enzyme retained 80% activity compared to that of untreated one.
キーワード 温度感受性ポリマー (thermosensitive polymer) 反復利用 (repeated use) アルカリホスファターゼ (alkaline phosphatase)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1995-01-31
5巻
開始ページ 87
終了ページ 90
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313551
著者 大熊 佑| 劉 克約| 和気 秀徳| 春間 純| 吉野 正| 大塚 愛二| 高橋 英夫| 森 秀治| 西堀 正洋| 伊達 勲|
発行日 2013-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
125巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/11921
タイトル(別表記) Comparative studies of proliferating cell nuclear antigen and bromodeoxyuridine staining pattern in rat regenerating liver cells
フルテキストURL 005_079_085.pdf
著者 﨑山 順子| 森 秀治| 一村 光子| 唐下 博子| 岡本 基| 遠藤 浩|
抄録 種々の条件下(10%緩衝ホルマリン・6時間、1%パラホルムアルデヒド・6時間、100%メタノール・4時間、70%エタノール・6時間、100%アセトン・2時間、カルノア液・4時間)で固定したラット再生肝組織に免疫組織染色を施し、Proliferating cell nuclear antigen (PCNA)の核内染色パターンについての検討を行った。その結果、100%メタノール及び70%エタノールで固定した場合には、明瞭な顆粒状の染色像が得られた。10%緩衝ホルマリン及び1%パラホルムアルデヒドの場合には、明瞭な顆粒状並びに弱いびまん性の染色像が得られた。S期に対する代表的なマーカーとして知られるBromodeoxyuridine (BrdU)の染色像との比較のもと、再生肝組織中のPCNA陽性細胞の数とBrdU陽性細胞の数を再生ピーク時の術後1日目で検討したところ、100%メタノール及び70%エタノールで固定した際の陽性細胞数が、最もBrdUの所見と一致した。しかし、10%緩衝ホルマリン、1%パラホルムアルデヒド、100%アセトン、カルノア液で固定した場合には、BrdUの所見と著しい解離が見られた。これらの知見は、PCNAを指標に細胞増殖を評価する上で、100%メタノール、70%エタノールでの固定が有用であることを示唆する。
抄録(別表記) Immunohistochemical staining pattern of proliferating cell nuclear antigen (PCNA) was examined in rat regenarating liver specimens fixed under the various conditions (10% buffered formalin for 6 hr, 1% paraformaldehyde for 6 hr, 100% methanol for 4 hr, 70% ethanol for 6 hr, 100% acetone for 2 hr and Carnoy solution for 4 hr). Most distinct granular staining pattern of PCNA was observed in fixation with 100% methanol or 70% ethanol. Specimens fixed with 10% buffered formalin or 1% paraformaldehyde showed both distinct granular and slight diffuse pattern of PCNA staining. Specimens fixed with 100% acetone showed only slight diffuse staining. Specimens fixed with Carnoy solution showed little staining. Number of PCNA positive cells in the specimens fixed with 100% methanol or 70% ethanol on 24 hours after hepatectomy coincided closely with those of BrdU positive cells, which is known to be a representative marker of cell proliferation. In contrast, dissociative result was obtained in specimens fixed with 10% buffered formalin, 1% paraformaldehyde, 100% acetone or Carnoy solution when numbers of PCNA positive cells were compared with those of BrdU. These findings suggest that tissue specimens fixed with 100% methanol or 70% ethanol is useful for evaluating the extent of cell proliferation.
キーワード PCNA BrdU 免疫組織染色 (immunohistochemical staining) 再生肝 (regenerating liver)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1995-01-31
5巻
開始ページ 79
終了ページ 85
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313417
著者 劉 克約| 森 秀治| 高橋 英夫| 友野 靖子| 和気 秀徳| 菅家 徹| 佐藤 康晴| 平賀 憲人| 足立 尚登| 吉野 正| 西堀 正洋|
発行日 2008-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
120巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/11873
タイトル(別表記) Clearance study of polyethylene glycol-modified cholesterol esterase.
フルテキストURL 004_053_055.pdf
著者 森 秀治| 中田 安成| 遠藤 浩|
抄録 The clearance of polyethylene glycol-modified cholesterol esterase was investigated spectrophotometrically, as compared with native one. PEG-modification provided the significant elongation in clearance time of cholesterol esterase after intravenous injection in mouse. This method was shown to be effective for creating new biomaterials.
キーワード cholesterol esterase polyethylene glycol modification in vivo clearance
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1994-01-31
4巻
開始ページ 53
終了ページ 55
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313810
JaLCDOI 10.18926/11847
タイトル(別表記) The results of liver function test on workers handling ethanol and isopropanol solvents
フルテキストURL 003_093_097.pdf
著者 太田 武夫| 遠藤 浩| 森 秀治| 甲田 茂樹| 尾瀬 裕|
抄録 Liver function tests such as GOT, GPT, γ-GTP and ornithine carbamyl transferase (OCT) were done on workers handling alcoholic solvents. One was a group of molders working in a foundry where they sprayed ethanol solvent on the surface of a sandbox and burnt it. Another was a group of painters at an iron and steel works and they sprayed paint with isopropanol solvent on iron and steel plates. No statistical differences in the results of tests between the solvent workers and control groups were seen. High correlations were found between GOT/γ-GTP and OCT/γ-GTP. OCT of 4 workers who had drunk alcohol on the day before test showed a statisically high value compared to workers who had not drunk alcohol.
キーワード Ethanol Isopropanol Liver Function Test アルコール系溶剤 肝機能
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1993-01-31
3巻
開始ページ 93
終了ページ 97
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313962
JaLCDOI 10.18926/11818
タイトル(別表記) Alcoholic Liver Disease
フルテキストURL 003_001_012.pdf
著者 遠藤 浩| 中田 安成| 岡本 基| 森 秀治| 太田 武夫|
抄録 Relationship between ethanol drinking and organs injury was reviewed and special emphasis was put on alcoholic liver disease. Consumption of alcoholic beverage expressed as ethanol per capita of adult in Japan increased 2.1 times in these 25 years and it is still increasing. Although the incidence of alcoholic liver disease in Japan also increased greatly during the above period, it seems likely that plateau level is coming because of genetically defined, unique type of alcohol metabolism in Japanese. Sex differences in susceptibility to alcohol were discussed. Among the six types of alcoholic liver disease, alcoholic liver fibrosis is relatively frequent in Japan. Mechanism of liver injury has been studied extensively. Alcohol itself is toxic but other factors such as dietary fat are also important. Biochemical and immunological markers of drinking were presented. As for the treatment, most patients especially in early stages of the disease well respond to alcohol withdrawal, but therapy of alcohol dependence in the background of the disease is very difficult requiring cooperative works of different kinds of specialists.
キーワード alcohol liver epidemiology genetic factors alcohol dependence
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1993-01-31
3巻
開始ページ 1
終了ページ 12
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313726
JaLCDOI 10.18926/11869
フルテキストURL 004_037_045.pdf
著者 岡本 基| 森 秀治| Nita Nahoko| Noyori Maki| Hirano Humiko|
抄録 神経生物学的研究における基本的分析系の確立を目的として、シクロデキストリン(CD)を用いたラット大脳皮質神経細胞の初代培養を試みた。β-およびγ-CDは、無血清培地(ダルベッコ改変MEM/ハム培地)中で胎生16および18日目ラットの神経細胞を11日以上10%胎児ウシ血清を加えた培地中と同じ程度に生存させたが、α-CDには生存維持効果が無かった。β-CDはγ-CDより安定した生存維持効果を示したが、胎生21日目ラットの神経細胞を用いた場合は有意に生存率が低下し、新生児ラットでは生存維持効果が無かった。β-CDを用いた無血清培養では10%血清培地中と比べて神経突起の伸展が悪かったが、ときに顕著な突起伸展がみられ、これはCD分子に取り込まれた生理活性物質の作用と考えられた。また、β-CDを用いた無血清培養を利用してラット脳から精製したコンドロイチン硫酸プロテオグリカン(CSPG)の作用を検討し、CSPGがグルタミン酸による神経細胞死を防止すること、弱いながら培養神経細胞の生存を維持する作用をもつことを示した。以上の結果から、この無血清培養法は神経生物学的研究において有用な分析系となりうることを指摘した。
キーワード β-cyclodextrins γ-cyclodextrins serum-free culture cortical neuron chondroitin sulfate proteoglycan
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1994-01-31
4巻
開始ページ 37
終了ページ 45
ISSN 0917-4494
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313740
JaLCDOI 10.18926/15268
タイトル(別表記) ヒト血清リポタンパク質とシクロデキストリンのアガロースゲル内における相互作用
フルテキストURL 007_2_093_097.pdf
著者 一村 光子| 唐下 博子| 崎山 順子| 森 秀治| 伊藤 昔子| 中田 安成| 遠藤 浩|
抄録 Cyclodextrins (CDs) are cyclic oligosaccharides with low molecular weight. They have been known to bind to some serum lipoproteins and to form complexes. To elucidate whether each serum lipoprotein subclass could be separated by electrophoresis using CDs, we performed preliminary experiment, in which lipoprotein-CDs interaction was examined on electrophoresis with agarose gel. When the supporting agarose gel containing both α-CD and β-CD was prepared and was applied to isoelectric focusing for fractionating serum lipoproteins, apoB lipoproteins were found to be clearly separated into several fractions on this electrophoresis. This finding suggested that apoB lipoprotein may be detected as isolated form by arranging amounts of added CDs.
抄録(別表記) シクロデキストリンは低分子量の環状オリゴ糖で, リポタンパク質と複合体を形成する。シクロデキストリンを使用した電気泳動による血清リポタンパク質サブクラスの分離の可能性を明らかにするために, リポタンパク質とシクロデキストリンとの泳動用ゲル内での相互作用について検討をおこなった。その結果,α-CDとβ-CDの2種類のCDをアガロースゲルに添加し,このゲルを泳動用支持体として等電点電気泳動をおこなったところ,apoB含有リポタンパク質が数分画分離された。したがって,ゲル内へのシクロデキストリンの適正な添加条件が設定できるならば,apoB含有リポタンパク質サブクラスの分離が可能となることが示唆された。
キーワード 血清apoB含有リポタンパク質 (serum apoB lipoprotein) シクロデキストリン (cyclodextrin) 等電点電気泳動 (isoelectric focusing (IEF)) agarose gel
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1997-01-31
7巻
2号
開始ページ 93
終了ページ 97
ISSN 0917-4494
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307426
JaLCDOI 10.18926/11918
タイトル(別表記) リウマチ因子陽性ヒト血清中の免疫グロブリンGクラスリウマチ因子と免疫複合体ならびにCRPとの相関性
フルテキストURL 005_071_077.pdf
著者 唐下 博子| 一村 光子| 﨑山 順子| 森 秀治| 中田 安成| 遠藤 浩|
抄録 We measured the concentration of three immunoglobulin classes of rheumatoid factors (Ig-RFs), C3d binding IgG immune complex (C3d-IC), C1q binding IgG immune complex (C1q-IC) and C-reactive protein (CRP) in 74 samples of human sera with high levels of RF (24.0~2350.0IU/ml). In sera with high levels of C3d-IC (>15.0μg/ml), there was a positive correlation between the levels of CRP and the IgG-RF, but there was no correlation between the levels of CRP and the immune complexes (C3d-IC and C1q-IC). And then, there was a positive correlation between the levels of CRP and IgG-RF or C3d-IC and IgG-RF when the levels of C1q-IC in patients sera were higher than 80.0μg/ml. However, there was no correlation between the levels of CRP and C1q-IC in these patients sera containing high levels of both C3d-IC and C1q-IC. These results indicated that the determination of C3d-IC, C1q-IC, IgG-RF and CRP in human sera containing RF denote different implications as inflammatory indexes on progression of rheumatoid arthritis and other autoimmune diseases.
抄録(別表記) 一般に慢性関節リウマチの診断ならびに活動性の一指標として、日常臨床検査では患者血清中のリウマチ因子の測定が実施されている。本論文ではRF検査依頼が有り、高RF値(24.0~2350.0IU/ml)を示した患者血清74検体について、免疫グロブリンクラス別RF値を測定するとともに自己IgGと補体との免疫複合体(IC)であるC1q-IgG・IC(C1q-IC)、C3d-IgG・IC(C3d-IC)ならびにCRP値を測定し、それらの測定値間の相関性について統計学的検討を行った。C3d-IC値が15.0μg/ml以上の高値を示す患者血清では、CRP値とIgGクラスのRF(IgG-RF)値間については正の相関結果がが得られた。また、C1q-IC値が80.0μg/ml以上の場合にもCRP値とIgG-RF値間およびC3d-IC値とIgG-RF値間では正の相関結果が得られた。しかし、C3d-ICならびにC1q-ICともに高値例の患者血清中のCRP値とC1q-IC値間には有意な相関は観察されなかった。以上の結果より、慢性関節リウマチの活動度を判定する上で、従来から炎症マーカーとしてCRP値が利用されているが、血清中に免疫複合体が高レベルに検出される患者については、炎症の指標としてCRP以外にもC1q-ICやC3d-ICおよびIgG-RF等を加えた総合的な判断が必要であることが示唆される。
キーワード self-associating IgG rheumatoid factor (自己IgG結合性リウマチ因子) C1q binding IgG immune complex (C1q結合IgG免疫複合体) C3d binding IgG immune complex (C3d結合IgG免疫複合体) C-reactive protein (C反応性タンパク質(CRP))
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1995-01-31
5巻
開始ページ 71
終了ページ 77
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313402
JaLCDOI 10.18926/11789
タイトル(別表記) Enzyme Immunoassay for Rabbit C-reactive Protein
フルテキストURL 002_023_028.pdf
著者 森 秀治|
抄録 Sensitive enzyme Immunoassay method specific for rabbit C-reactive protein was established. This was based upon specific Ca(2+)-dependent binding profile of C-reactive protein for some compounds containing phosphorylcholine moiety intramolecularly. By this method, more than 0.001μg of rabbit C-reactive protein was detectable. Specific binding of C-reactive protein for p-aminophenylphosphorylcholine immobilized on solid phase was inhibited by either addition of EDTA or phophorylcholine analogues, effectively. It may be useful to study possible roles of C-reactive protein in inflammatory regions.
抄録(別表記) ウサギC-反応性蛋白質を感度良く測定できる酵素免疫測定法を開発した。本法は、C-反応性蛋白質が分子内にホスホリルコリンを含有する種々の化合物に対してCa(2+)依存的な結合活性を示すことに基づいており、本法によって0.001μg以上のC-反応性蛋白質の検出が可能となった。固相に結合させたp-アミノフェニルホスホリルコリンへのC-反応性蛋白質の特異的な結合活性はEDTAやホスホリルコリン誘導体を添加することによって効果的に消失した。本法は炎症部位でのC-反応性蛋白質の役割を明らかにする上で有効な手段となるものと考えられる。
キーワード C-reactive Protein Enzyme Immunoassay
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1992-02-05
2巻
開始ページ 23
終了ページ 28
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313528
JaLCDOI 10.18926/15254
タイトル(別表記) ヒスチジンタグを持つホスファカンコア蛋白の大腸菌での発現と精製
フルテキストURL 009_2_105_111.pdf
著者 伊藤 昔子| 岡本 基| 森 秀治|
抄録 Specific regions of core protein of phosphacan, one of the chondroitin sulfate proteoglycans, were expressed as fusion proteins with histidine-tag (His-tag) in Escherichia coli (E.coli) and were affinity purified using nickel-nitrilotriacetic acid (Ni-NTA) matrix. cDNA fragments encoding amino acid residues 343-446 (P3) and 1-340 (P4) of phosphacan core protein were amplified by polymerase chain reaction from E18 rat brain mRNA as template. The amplified products were subcloned into pQE30 vector and were introduced into E.coli strain M15 [pREP4] for the expression. The His-tagged fusion proteins were expressed by cultivating the transformants at 37℃ for 5h in the presence of 1mM IPTG. His-tagged P3 fusion protein (His-P3) was expressed as soluble form, and was purified using Ni-NTA matrix. His-tagged P4 fusion protein (His-P4) which was sequestered into insoluble inclusion bodies was treated with 8.0M urea to solubilize, and then was purified under denaturing conditions.
抄録(別表記) コンドロイチン硫酸プロテオグリカンの一つであるホスファカンのコア蛋白の特定領域を,ヒスチジンタグ(His-tag)を持つ融合蛋白として大腸菌内で発現させニッケル-ニトリロ3酢酸(Ni-NTA)アフィニティ担体を用いて精製した。ホスファカンコア蛋白のアミノ酸残基343-446(P3)及び1-340(P4)に相当するcDNA断片を,胎性18日目のラット脳由来のmRNAを鋳型としたPCRによって増幅した。増幅された断片は発現ベクターpQE30に組み込まれ,これで大腸菌(M15[pREP4])を形質転換した。His-tag融合蛋白の発現は形質転換株を1mM IPTG存在下で37℃,5時間培養することによって行われた。His-tagged P3融合蛋白は可溶性蛋白質として発現し,Ni-NTA担体を用いて精製された.His-tagged P4融合蛋白は不溶性の封入体を形成したが,8M尿素によって可溶化され,変性条件下で同様に精製された。
キーワード phosphacan (ホスファカン) core protein (コア蛋白) His-tagged proteins recombinant protein (融合蛋白)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1999-02-26
9巻
2号
開始ページ 105
終了ページ 111
ISSN 0917-4494
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307302