著者 森 恵子|
発行日 2012-09-27
出版物タイトル
資料タイプ 学位論文
JaLCDOI 10.18926/15243
タイトル(別表記) Consideration to the change of swallowing sense after operation of esophagus cancer - Evaluation of swallowing activity by using IPG and swallowing sound -
フルテキストURL 012_1_053_062.pdf
著者 森 恵子| 山本 尚武| 中村 隆夫| 楠原 俊昌|
抄録 食道癌患者は腫瘍による狭窄のため,程度の差はあるものの,術前より通過障害を認めることが多い。食道癌と診断され,手術を自己決定した患者の多くは,手術をして罹患前のように食事ができるようになりたいと思っている。しかし,患者の多くが術後に嚥下感覚の変化に遭遇する。現在,手術前に実施されるインフォームドコンセント(以下IC)では,術後に起こる嚥下感覚の変化については説明が行われていない。そのため患者は,経口摂取が可能になった時点で嚥下感覚の変化を自覚し,強い不安を感じる。今回, 5人の患者に術後の嚥下感覚の変化に関するインタビューを実施するとともに,術後の嚥下活動を頸部電気インピーダンスおよび嚥下音を用いて測定した。インタビューの結果, 5人全てが,術後に嚥下感覚の変化を自覚し,不安を感じていた。また,青年健常者と比較し,IPG波形の多相化と,嚥下音の咽頭期以外での発生が認められた。患者が,術後に起こる嚥下感覚の変化についてのICを望んでいることからも,術後の嚥下感覚の変化についてのICを行なう必要がある。
抄録(別表記) The esophagus cancer patient is conscious of passage disorder due to esophagus tumor, to greater or less degrees. Many of patients diagnosed as the esophagus cancer decide to take operation, because they want to come to be able to eat as easily as before they are diagnosed as esophagus cancer. However many patients encounter the change of swallowing sense. In the long run, they must swallow consciously when they eat everything. They are not informed about the change of swallowing sense. Therefore, the patient feels strong anxiety when they noticed about the change. This time, we had an interview about the change of swallowing sense after operation to the patient. In addition, we measured the swallowing activity by using IPG and swallowing sound. As a result, all patients is conscious of the change of swallowing sense. And we noticed the change of IPG wave and the swallowing sound occurred except Pharynx period. So patients want to be informed about the change of swallowing sense strongly before they take operation. And it is necessary for the patient to be informed about the change of swallowing before they take operation.
キーワード 食道癌 (esophagus cancer) 嚥下障害 (swallowing disorder) 生体電気インピーダンス (bioelectrical impedance) インフォームドコンセント (informed consent)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 53
終了ページ 62
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307448
JaLCDOI 10.18926/15216
タイトル(別表記) Achievement levels of students on clinical nursing practice for chronic illness
フルテキストURL 013_2_083_090.pdf
著者 林 優子| 景山 甚郷| 中西 代志子| 石﨑 博之| 森本 美智子| 森 恵子| 坪井 桂子|
抄録 実習目標の到達度及び実習目標間の関係を明らかにするために,74名の学生による実習目標の自己評価を分析した。その結果,実習目標の到達度は,「自己の看護観や自己成長を培う」が最も高かった。そして「疾患の病態生理や検査・治療についての理解と看護援助」「セルフケアに向けた看護援助」「危機に直面している患者の看護援助」などの看護実践面に関する目標が高値を示していた。学生は目標に沿った看護を実践する中で,経験したひとつひとつのケアを意味づけたり,看護とは何かを探求していったと思われ,それが看護観の形成や自己成長につながっていったものと考えられた。実習目標間の関係では,各実習目標との間に相関が見られ,それらは信頼性のある妥当な慢性期看護実習の目標であることが確認された。
抄録(別表記) This paper is designed to demonstrate the relationships between each objective and the students' achievement levels for the objectives of clinical nursing practice. Seventy four students evaluated their own achievement levels related to their clinical nursing practice. Evaluation scores for each objective were analyzed. The following results were obtained: The objective of cultivating the view of nursing and developing themselves had the highest score. Understanding the mechanism of disease, physical examination and treatment, and patient care, understanding nursing care toward patient's self care, and understanding nursing care for patient in crisis had high scores. The students, through their own nursing care, explored the meaning of each care (or each experience) and inquired about the nature of nursing. Their view of nursing and self development was formed from their own various experiences. Correlation among each objective was found. Each for clinical nursing practice has reliability and validity.
キーワード 慢性期看護実習 (Clinical nursing practice) 実習目標の到達度 (Achievement levels) 自己評価 (Self-assessment) 実習目標間の関係 (Relationships between each objective)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2003-03-20
13巻
2号
開始ページ 83
終了ページ 90
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307175
JaLCDOI 10.18926/15214
タイトル(別表記) Examination of informed consent to preoperative esophagus cancer patient
フルテキストURL 013_2_067_075.pdf
著者 森 恵子| 金尾 直美| 難波 佳代| 石川 貴子| 斎藤 信也| 猶本 良夫|
抄録 食道がん患者が食道切除術を受けることを自己決定する場合には,食道癌であることの告知と、食道癌に対する治療方法に関するインフォームド・コンセントが重要となる。食道がん患者の治療法選択における自己決定を指向したインフォームド・コンセントの有り様について,質的帰納的に分析した文献は少ない。今回,食道がん患者に対して,半構成的質問用紙を用いて,面接を実施することで,患者が治療法として手術を自己決定するために役立つインフォームド・コンセントとはどのようにあればいいかを明らかにした。その結果,患者が食道切除術を受けることを決めるためには,①患者の理解度にあわせ,何度かに分けてインフォームド・コンセントが行われる必要があること,②術後に起こってくる症状,特に患者にとって苦痛を伴う検査,処置等については,患者のパーソナリティーを考えながら,術後のイメージがわくような説明が必要であること,③患者の自己決定に至る過程のみならず,インフォームド・コンセント後においても,患者や家族を支援する体制が重要であること,が明らかになった。
抄録(別表記) It is important for the patients with esophageal cancer to receive truth telling about their illness as well as to have informed consent fully concerning treatment method when making self-decision. There have been few reports about the self-decision oriented informed consent which were analyzed with qualitative induction research. We therefore conducted qualitative research using semi-structured questionnaire to elucidate how an informed consent should be conducted to support the patients to make self-decision for accepting surgical treatment. As results, 1. Informed consent should not be an event but a process according to capacity of the patients for understanding their own illness. 2. Explanation about the condition following an operation, especially about the symptom or the procedure causing pain, should be supportive for the patients with picturing a specific image, considering the personality of the patients. 3. Supportive system for patients after receiving informed consent and making a decision accepting surgical treatment should be improved because of insufficient sharing of information among medical team members.
キーワード インフォームド・コンセント (Informed consent) 食道がん (esophagus cancer) 治療法の選択 (selecting treatment method) 自己決定 (self-determination)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2003-03-20
13巻
2号
開始ページ 67
終了ページ 75
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307148
JaLCDOI 10.18926/15213
タイトル(別表記) A study on patient's difficult experiences' and coping methods for them that patients go through following laryngectomy
フルテキストURL 014_1_075_083.pdf
著者 森 恵子|
抄録 本研究の目的は,喉頭切除術を受けた患者が体験している困難とそれへの対処方法を明らかにすることである。自宅で生活する1名の喉頭切除術後患者に対して行った半構成面接により得られたデータを質的帰納的に分析した結果,喉頭切除術を受けた患者が体験している困難な体験としては,【転移に対する恐怖を持ち続けて生活していかなければならない不安】【うまく意思疎通できないことへの苛立ち】【元通りの生活ができない煩わしさ】【変化した機能を補いながら生きていかなくてはならない不便さ】【予測できない症状に対する恐怖】【役割を果たせないことに対する自己嫌悪】【気管ロを特異な目で見られることの不快感】【生活を再構築するための時間の必要性】の8のカテゴリーが抽出された。また,困難な体験に対する患者の対処方法としては,<術後の状態をイメージする><治療を継続する><発声以外の方法によるコミュニケーションへの転換をはかる><毎日の生活の中で工夫しながら食べる><入浴時つかれるところまでつかり,あとは拭く><気管口をふさがない洋服に買い換える><生きて行くために淡々と気管カニューレの入れ替えを行い,気道の清浄化をはかる><家族から臭いについて情報を得る><自分で病院を受診する><自分で対処方法を修得する><今自分のできることを行う><自分の感覚に従って,覆い隠さず普通にする><時間をかけて元の生活に近づける>の13のカテゴリーが抽出された。<術後の状態をイメージする>という対処方法は,その他12の対処方法の根底として存在し,この<術後の状態をイメージする>という対処方法が,困難な体験を乗り越えていくための原動力になっていることが明らかとなった。
抄録(別表記) The objective of the present study is to clarify difficult experiences and coping methods for them that patients go through following laryngectomy. A semi-structured interview was conducted on a patient who had undergone laryngectomy and was living at home. The results of qualitative induction analysis identified the following eight categories for difficult experiences: 1) Uneasiness to have to live with fear of metastasis, 2) Being frustrated about not being able to communicate weel, 3) Annoyingness not to be able to do former life, 4) Inconvenience to have to live supporting changing function, 5) Have fear of unexpected symptoms, 6) Self-hatred for not playing a role, 7) Being uncomfortable when people look at the tracheal stoma, and 8) Needing time to reconstruct life. And the results of qualitative induction analysis identified the following twelve categories for coping methods: 1) Have mental images postoperative situation, 2) Continue treatment, 3) Switch to communication method except for speaking, 4) Eat while figuring out a good way in the daily life, 5) Soak in the bathtub until at tracheostomy and wipe out other part of body when taking a bath, 6) Buy new clothes not cover tracheostomy, 7)Replace tracheostomy tube without attachment to live, and making the airway clean, 8) Receive information about the smell from the family, 9) Consult a doctor, 10) Master coping method on his own, 11) Practice what I can now, 12) Keep usual not hiding under a cover according to his sense, 13) Brings it close to former life spending time. 'Have mental images postoperative situation' was based on other coping methods. The results clarified that, in order to allow laryngectomized patients to overcome these difficult experiences, it is important for them to have mental images of situations that they will face following surgery.
キーワード 食道癌 (Esophageal cancer) 喉頭切除術 (laryngectomy) 失声 (loss of voice) インフォメーションニーズ (information needs) 生活の再構築 (restructuring of postoperative life)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2003-12-25
14巻
1号
開始ページ 75
終了ページ 83
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307806
JaLCDOI 10.18926/15189
タイトル(別表記) Quantitative evaluation method of swallowing hypofunctionby aging using Impedance Pharyngography (IPG)
フルテキストURL 015_1_001_007.pdf
著者 楠原 俊昌| 中村 隆夫| 森 恵子| 山本 尚武| 白川 靖博| 猶本 良夫|
抄録 インピーダンス咽頭図(Impedance Pharyngography, 以下IPG)は嚥下活動中の頸部電気インピーダンスを測定するもので,嚥下機能評価を簡便かつ無侵襲に行うことができる手法である。IPG波形は嚥下機能を反映するものであるが嚥下機能の減退による波形への影響はその原因により様々である。すなわち嚥下機能の状態が異なる被験者のIPG波形を直接比較・診断することは測定者の主観に依存することになり客観性に欠ける。本研究では,まず青年健常者のNormal IPGをもとに嚥下機能が反映される波形の特徴を評価するパラメータとして,咽頭通過時間,インピーダンス変化率,類似度,嚥下音タイミングの4つを採用し,IPCを定量的に評価する手法を提案した。また,この評価法を高齢者のIPGに適用し,青年健常者に比べて嚥下活動に関与する器官が円滑に活動を履行する能力に減退が生じる様子を定量的に示した。
抄録(別表記) Impedance Pharyngography (IPG) measures neck electrical impedance during swallowing. IPG method is simple procedures and the technique which can perform noninvasive evaluation of swallowing function. IPG waveform reflects swallowing function. However, the influence on IPG waveform by swallowing hypofunction is various by the causes. That is, it will be dependent on a measurement person's subjectivity to compare directly IPG waveforms of subjects whose states of swallowing function differs, and objectivity is missing.
キーワード 嚥下活動 (swallowing) 嚥下障害 (dysphagia) 生体電気インピーダンス (bio-electrical impedance) インピーダンス咽頭図 (Impedance Pharyngography (IPG)) 嚥下機能評価 (assessment of swallowing function)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2004-12-15
15巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 7
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307994
JaLCDOI 10.18926/15182
タイトル(別表記) Study on the difficulties experienced in daily life by esophageal cancer patients who underwent esophagectomy
フルテキストURL 016_1_039_048.pdf
著者 森 恵子| 秋元 典子|
抄録 本研究の目的は,食道がん切除術を受け,自宅で生活する患者が直面している生活上の困難及びそれらへの対処の実態を明らかにすることである。対象は,研究参加へ同意が得られた12名の外来通院中の患者とした。対象12名の食道再建経路は, 6名が胸壁前皮下経路,6名が後縦隔経路であった。患者の許可を得て録音した面接内容を逐語訳し,内容分析の手法を用いて質的・帰納的分析を行った。その結果,患者は術式に関係なく,【予想をはるかに超えて苦痛と化した摂食行動】および【生活圏の狭小化】の2つの困難を抱えていることが明らかとなった。患者は,前者には≪生きるために自分に見合った食べ方を体得する≫ ことで,後者には,≪命と引き換えに変化を受け入れる≫≪時間をかけて変化に慣れる≫ ことで対処し,術後の生活を再構築していた。
抄録(別表記) The purpose of this study is to clarify the difficulties faced in daily life by patients who have undergone esophagectomy due to esophageal cancer and now reside at home, as well as the actual conditions how to cope with such difficulties. 12 patients gave their consent to participate in the study, and semi-structured interview was conducted using open-ended questions. 6 of them had undergone reconstruction of the esophagus via the subcutaneous route anterior to the thoracic wall, and the other 6 via the posterior mediastinal route. The contents of the recorded interviews were transcribed into verbatim record, and a qualitative, inductive analysis was conducted using the content analysis method. As a result, it was found that the patients were suffering from two difficulties: "that eating activities had become a far greater hardship than had been expected" and "the narrowing of social life". Patients experiencing the former difficulty dealt with it by "learning eating methods suited to them personally in order to survive" and patients experiencing the latter difficulty dealt with it by "accepting the change to save their life" or "becoming accustomed to the change slowly", and then restructure their postoperative lives.
キーワード 食道がん (Esophageal cancer) 胸壁前皮下経路再建術 (subcutaneous rout) 術後の困難体験 (difficulties experienced in daily life) 術後生活への看護支援 (Nursing support to the postoperative life)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2005-12-25
16巻
1号
開始ページ 39
終了ページ 48
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307925
JaLCDOI 10.18926/11683
タイトル(別表記) The reality investigation of stresses which the new figure nurses employed after one month hold
フルテキストURL 011_2_071_076.pdf
著者 森 恵子|
抄録 看護教育カリキュラムの改正により,臨床での実習時間はますます減る傾向にある。一方,臨床現場では,医療の高度化,複雑化が進み,看護基礎教育と現場のギャップは大きくなる傾向にある。今回38名の新人看護婦にアンケート調査を行い,新人看護婦の抱えるストレスについて明らかにした。その結果,新人看護婦の抱えるストレスは,看護技術に関するストレスが最も多く(94%),ついで,3交代勤務による不規則な生活(14%),患者とのコミュニケーション(11%)であった。この結果には教育課程の違いによる差は認められなかった。多くのストレスの中で働く新人看護婦は,32.3%が,体調についてあまりよくない,あるいは良くないと回答していた。また,様々なストレスにより,就職後1ヶ月で退職を考えているものが6名(17.6%)いた。看護婦になってよかったと答えたものは8名(82%)あり,その多くが,患者との関わりがうまくいったときにそのように感じていた。新人看護婦が,今後の看護基礎教育に望むことは,技術面の体験をさらに増やすこと,移植医療,ME機器の取り扱いなどであった。
抄録(別表記) Revision of curriculum makes reduce the practice time in clinical more and more. On the other hand, in clinical site, the gap between the nursing base education and the clinical site shows the tendency to enlarge because of high-developed medicine and complicated situation. This time, I put into practice the questionnaire survey for 38 new figure nurses to make their having stresses clear. Consequently, they expressed mainly three causes of their stress. They were about the nursing skills (94%), irregular life due to three shifts (14%) and the way of the communication to the patient. There weren't any differences among each nursing curriculum. 32.3% of the new figure nurses having much stresses said about their physical condition that they were not good or not so good. The 6 new figure nurses (17.6%) thought that they wanted to quit their job only one month after being nurse. The 8 new figure nurses (82%) thought that they were satisfied with being nurse. When many new figure nurses could make good communication with their patients, they thought that. The new figure nurses said that they wanted to study about more nursing skills, medicine of transplantation and ME equipments.
キーワード 新人看護婦 (The new figure nurse) ストレス (stress) リアリティーショック (reality shock)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-03-24
11巻
2号
開始ページ 71
終了ページ 76
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313522