JaLCDOI 10.18926/14385
タイトル(別表記) Problem in the psychosocial development of child who receives child abuse
フルテキストURL 007_135_143.pdf
著者 永冨 徹志| 東條 光彦|
抄録 本研究は、虐待が与える影響について心理社会的発達の観点から検討を行った。幼児を対象とした調査の結果から、虐待環境から分離し安定した養育環境を与えることによって急激に発達が促される傾向がみられた。さらに、典型的事例の経過観察より、運動能力や生活習慣はほぼ年齢相応にまで回復したが、言語能力や対人面での課題が残っており、いわゆる可塑性については領域によって差があることが示唆された。今後は虐待環境で育った児童の発達の可能性と問題点を明らかにし、被虐待児童のケアを考える上での視点として取り入れていくべきと思考された。
抄録(別表記) The purpose of this study is to examine the influence to the psychocosial development by child abuse. From the result that an ill-treated chidl was divided by a family, the toddler development tended to recover rapidly by rescuing the infant from child abuse. Furthermore, as a result of follow-up study of a typical case, neither linguistic competence nor the interpersonal relationships have recovered even to the age and the same though moving ability and the life skill almost recovered even to the age and the same. It was suggested that a development difference occurred by afea.
キーワード 児童虐待 (Child abuse) 発達 (Development) 可塑性 (Plasticity) 幼児期 (Infant)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2007-03-10
7巻
1号
開始ページ 135
終了ページ 143
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308086
JaLCDOI 10.18926/15098
タイトル(別表記) Influence on Stress Reactions of Social Skill and Cognitive Appraisal in Junior High Students
フルテキストURL 009_001_008.pdf
著者 西村 大樹| 東條 光彦|
抄録 本研究の目的は、中学生を対象に、社会的スキルとストレッサーに対する認知的評価、ストレス反応の関係性を明らかにし、社会的スキルが、認知的評価のストレス反応への影響を調整する効果(調整効果)について検討することであった。その結果、ストレス反応に対する社会的スキルと認知的評価の影響には男女差が認められ、男子ではストレス反応と「関係参加行動」・「関係維持行動」という基礎的なスキルの間に負の関連が認められた。一方女子では、それら2つの基礎的なスキルに加え、認知的評価の「コントロール可能性」とストレス反応の間にも負の関連が、「関係向上行動」とストレス反応との問には正の関連が認められた。調整効果については、女子において部分的に確認された。
抄録(別表記) The purpose of this study was to determine the relations between social skills and cognitive appraisal and stress responses in junior high school students. Moreover, we examined whether social skills coordinate influence on stress responses of cognitive appraisal(coordination effects). As results, gender differences were observed in influences on stress responses of cognitive appraisal and social skills. In males, stress responses were negatively associated with fundamental social skills such as "Behavior for participating in relations" and "Behavior for maintaining relations". In female sample, stress responses had negative associations with "controllability" of cognitive appraisal in addition to these fundamental social skills. Furthermore, stress responses were positively association with "Behavior for developing relations" in female. The coordination effects were confirmed in female partially. These findings were discussed.
キーワード junior high school students social skills cognitive appraisal stress responses
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2009-03-10
9巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 8
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307399
JaLCDOI 10.18926/CTED/56557
タイトル(別表記) Physical and psychological factors affecting the fatigue of first term teachers
フルテキストURL cted_009_259_266.pdf
著者 東條 光彦|
抄録  本研究の目的は,初任期教員の疲労感が,物理的要因である勤務時間・睡眠時間と心理的要因である感情労働・理想と現実の教員像の差・レジリエンス・意味づけによって説明されるかについて検討することであった。2つの都市の初任教員を対象とし,複数回の調査を行ったところ,主観的疲労感には著明な変化は見られなかったものの,調査地域,時期によりその説明変数が変化していた。これらの結果から,初任期教員においては,その職能成長の過程にあって種々の経験を積みつつそれ自体がストレッサーとなり,疲労に関連していることが指摘された。
キーワード 初任期教員 蓄積疲労 感情労働 レジリエンス
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2019-03-20
9巻
開始ページ 259
終了ページ 266
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2019 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher