このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 20
Eprint ID
20
フルテキストURL
タイトル(別表記)
On the Soil Acidity and the Exchangeable-Calcium of the Chestnut Orchard and Chestnut Wood Soils.
著者
本多 昇 岡山大学
抄録
(1)岡山縣及他の4府県下にて栗園9地点,栗林17地点に就き栗の生育良好地12地点(内クロボク地6地点)及生育不良地14地点(内クロボク地4地点)と判定した.而てそれら地点の土壌50点に就き土壌酸度及置換性石灰含量を調査した. (2)クロボク地帯の栗生良好地にてはpH(H2O)平均4.6,同様に大工原酸度29.8,加水酸度35.3,置換性石灰0.016%,石灰飽和度2.6%である.又生育不良地にては夫々5.0,24.8, 64.0,0.014%及2.2%である.故にこの地帯にては栗の生育良好地と不良地との間に土壌酸度及置換性石灰含量に大差はない. (3)非クロボク土壌地帯にては栗生育良好地にてはpH(H2O)平均4.6,同様に大工原酸度29.0が水酸度22.7,置換性石灰0.085%,石灰飽和度29.0%である.又生育不良地にては夫々4.2,61.6,25.7,0.039及12.8%である.故に生育良好地は酸度が余り強くなく且つ置換性石灰含量は稍大である. (4)然し栗は相当石灰含量の少い処にても生育が良好である.筆者等の他の研究によれば栗は相当多量の石灰に耐へるが,又相当酸性土壌を好み土壌反応が中性に近いことを忌む. (5)従つて栗は"挾義の"或は"所謂"石灰嫌忌植物ではない。
発行日
1953
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
2巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
19
終了ページ
27
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa