このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 194
Eprint ID
194
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Studies on the Pre-seasonal Defoliation of Campbell Early Grape : II. The Effect of Soil Management(1).
著者
本多 昇 岡山大学
岡崎 光良 岡山大学
高橋 健二 岡山大学
寒川 紳也 岡山大学
抄録
1.水田地帯で約70cm盛り土して1.8×18.0mに列植され一文字仕立て(双腕コルドン)に整枝されているCampbell Early種葡萄園で,7月初めから8月末まで乾燥処理または定期的に灌水を行なった区および清耕(無灌水)の3区を設けて,早期落葉発現の様相を比較した.2.各区において7月下旬から8月末までに,顕著な早期落葉の波相を示した.3.乾燥区の土壌水分(-20cm)は最低11.6%(対容水量:33.1%)となったが割合に変化が少なく,また清耕区のそれは最低13.6%(対容水量:38.8%)ではあるが変化が著しかった.ところが予期に反して乾燥区の方がむしろ落葉が少なかった.4.清耕区において土壌水分含量が急減して,最低値に達する頃落葉の波が現われた.また降雨によって土壌水分が急増することが落葉を誘発することは,清耕区および乾燥区の両区で認められた.5.灌水は早期落葉を減少せしめるが,灌水(異常)区の場合一時的に下層土の過湿を招いて,かえって落葉を促進せしめたのではないかと推定される。
発行日
1965
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
26巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
19
終了ページ
25
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa