このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14131
Eprint ID
14131
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Rapid and simple determination of chemical oxygen demand (COD) with potassium permanganate as an oxidizing agent by a flow-injection technique using a platinum-tube reactor
著者
坪井 知則 中国電力株式会社技術研究センター
平野 義男 中国電力株式会社技術研究センター
木下 一次 岡山大学理学部
大島 光子 岡山大学理学部
本水 昌二 岡山大学理学部
抄録
A rapid and simple spectrophotometric determination method for chemical oxygen demand in water samples was developed using a flow-injection method. The detection method is based on the permanganate oxidation reaction accelerated by a catalyst. A platinum tube reactor was installed after the merging point of a carrier and a reagent stream as a catalyst and a reactor coil, and was heated at 95°C by an aluminum heating block. By using the platinum tube reactor (0.5 mm i.d.×3 m), a standard sample, D-glucose, was measured within a few minutes, and the calibration graph was linear from 0 to 100 ppm of COD(D-glucose); the detection limit corresponding to S/N = 3 was 0.01 ppm. The relative standard deviations for 5, 10, 50 and 100 ppm of COD(D-glucose) were 0.9, 0.8, 0.8, 0.5 and 1.4%, respectively. The proposed FIA system can be applied to waste water or can be used as a monitor of COD.
抄録(別表記)
化学的酸素要求量(COD)の迅速定量についてフローインジェクション/吸光光度定量の検討を行った.過マンガン酸カリウムを酸化剤として用い,この酸化反応の反応時間を促進させ,短縮するため触媒を用いる方法について検討した.その結果,白金チューブを反応コイルとして用いることにより,酸化反応が促進され測定時間を大幅に短縮できることが分かった.白金チューブ反応コイルのフローインジェクション分析(FIA)法への適用について詳細な検討を行った結果,D-グルコースを標準物質としたとき,検量線は0~100 ppmの範囲で良好な直線性を示した.S/N=3に相当する検出限界は0.01 ppmであり,5,10,20,50,100 ppmのD-グルコースに対する相対標準偏差は,それぞれ0.9,0.8,0.8,0.5,1.4%であった.本FIA法は,排水のCOD迅速定量に適用可能であり,またCODモニターとして利用できる.
キーワード
chemical oxygen demand
FIA
spectrophotometry
platinum catalyst
potassium permanganate
waste water
発行日
2004-09-14
出版物タイトル
分析化学
出版物タイトル(別表記)
Bunseki Kagaku
53巻
4号
出版者
日本分析化学会
出版者(別表記)
The Japan Society for Analytical Chemistry
開始ページ
309
終了ページ
314
ISSN
0525-1931
NCID
AN00222633
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
Japanese
著作権者
日本分析化学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI