このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 20009
Eprint ID
20009
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A Practical Study on Career Education at General Course in Senior High School
著者
木多 功彦 岡山大学
抄録
キャリア教育の重要性が唱えられるようになって久しいが,高等学校普通科におけるキャリア教育は,充実しているとはいえない状況にある。本研究では,高等学校普通科においてキャリア教育を推進するための方策(ツール)を開発・実践し,その効果を検証することを目的とした。職業に関する情報「Job News!」を作成し,約4ヶ月間ほぼ毎日,協力校の高等学校1 年生122名に提供した。各職業について生徒が評価した結果を,生徒用の個人票や教師指導用の資料としてフィードバックした。本実践の前後における生徒の意識の変容等を調査するために,「職業レディネス・テスト」及び結果についてのアンケート調査を行った。その結果,本研究で開発したツールは,高等学校1 年生に提供する内容として適当であり,生徒の知らない新しい情報を伝える手段として有効であることが明らかになった。また,ツールの使用によって,生徒の職業的興味・関心が広がり,自己理解が深まる可能性が示された。
キーワード
キャリア教育 (career education)
進路学習 (career learning)
進路指導 (career guidance)
職業情報 (vocational information)
高等学校普通科 (general course in senior high school)
発行日
2010-03-10
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
10巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
105
終了ページ
116
ISSN
1346-3705
NCID
AA12457417
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
著作権者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
rdc