このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15249
Eprint ID
15249
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Evaluation of the system of admitting students on the recommendation of their high school principals
著者
景山 甚郷 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
太田 武夫 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
山田 一朗 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
抄録
岡山大学医療技術短期大学部看護学科では,平成5年度より定員の約20%を募集人員とした推薦入試制度を導入し,以来本年で3回卒業生を送りだしてきた。本学は来年度から保健学科として新入生を募集することになっており,推薦入学もとられる予定である。そこで,これを機会に推薦入学学生と一般入試による入学生との在学成績,学習態度等を比較検討し,推薦入試制度の有用性を検討した。推薦入学生の在学成績は一般入試による入学者の成績とほとんど差はないか,むしろよい傾向にある結果を得た。今回の検討結果は在学成績のみでしかも期間が3回しか卒業生を送りだしていない時点であることから推薦入学制度の有用性を結論づけるためには更に今後検討が必要である。
抄録(別表記)
At the nursing department of our college, we introduced in 1993 a system of admitting students on the recommendation of their high school principals, by which about 20 % of the full quota are to be admitted. Since then, our department has graduated students for 3 years. To evaluate the usefulness of this system, students admitted by this system were compared with those admitted by general entrance examination in terms of their college record and the during learning. The college record in the students admitted on recommendation was similar to or slightly better than that in the students admitted by general entrance examination. However, these results were obtained only by comparing the college record, and this system has been used only 3 years. To confirm the usefulness of this recommendation-admission system, further studies are necessary.
キーワード
推薦入試 (recommendation-admission system)
成績 (record)
有用性 (usefulness)
発行日
1999-02-26
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of School of Health Sciences Okayama University
9巻
2号
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
59
終了ページ
64
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
fhs