このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48134
フルテキストURL
Thumnail 124_47.pdf 487 KB
タイトル(別表記)
Clinical study of the prognostic factors in colorectal cancer patients with synchronous liver metastasis
著者
宮宗 秀明 国立病院機構福山医療センター 外科
岩川 和秀 国立病院機構福山医療センター 外科
稲垣 優 国立病院機構福山医療センター 外科
木村 祐司 国立病院機構福山医療センター 外科
西江 学 国立病院機構福山医療センター 外科
濱野 亮輔 国立病院機構福山医療センター 外科
徳永 尚之 国立病院機構福山医療センター 外科
常光 洋輔 国立病院機構福山医療センター 外科
大塚 眞哉 国立病院機構福山医療センター 外科
岩垣 博巳 国立病院機構福山医療センター 外科
抄録
This study was aimed to clarify the prognostic factors in colorectal cancer patients with synchronous liver metastasis. Fifty-four patients were assessed to evaluate prognoses according to various clinico-pathological factors and therapeutic procedures. The patients' survival was significantly related to extrahepatic distant metastasis and therapeutic procedures. Regarding therapeutic procedures, the liver resection group showed significantly improved survival compared with the chemotherapy group, especially in liver metastasis Grade B. For colorectal liver metastases, it is clear that liver resection is the most effective treatment at present. Further improvement of patient prognoses is expected to be achieved by future research on combination chemotherapy.
キーワード
大腸癌 (colorectal cancer)
同時性肝転移 (synchronous liver metastasis)
肝切除 (liver resection)
化学療法 (chemotherapy)
備考
原著(Original Paper)
発行日
2012-04-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
124巻
1号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
47
終了ページ
51
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2012 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma