このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40042
フルテキストURL
Thumnail 122_129.pdf 3.3 MB
タイトル(別表記)
A case of superior mesenteric artery syndrome after left hemicolectomy for descending colon cancer
著者
濱野 亮輔 国立病院機構福山医療センター 外科
大塚 眞哉 国立病院機構福山医療センター 外科
西江 学 国立病院機構福山医療センター 外科
野村 長久 国立病院機構福山医療センター 外科
徳永 尚之 国立病院機構福山医療センター 外科
宮宗 秀明 国立病院機構福山医療センター 外科
高橋 健司 国立病院機構福山医療センター 外科
常光 洋輔 国立病院機構福山医療センター 外科
三好 和也 国立病院機構福山医療センター 外科
稲垣 優 国立病院機構福山医療センター 外科
岩川 和秀 国立病院機構福山医療センター 外科
高橋 正彦 国立病院機構福山医療センター 外科
岩垣 博巳 国立病院機構福山医療センター 外科
抄録
A 58-year-old man was diagnosed as having descending colon cancer and underwent a left colectomy with D3 node dissection and end-to-end anastomosis reconstruction. The accessory middle colic artery was secured as a feeding artery, and the middle colic artery was preserved. Diet was started on postoperative day 5 (POD5), and nausea and vomiting appeared on POD10. An upper gastrointestinal series revealed to-and-fro peristalsis in the third portion of the duodenum and dilatation of the proximal duodenum. Abdominal CT showed that the second portion of the duodenum was markedly dilated and the third portion was compressed by the superior mesenteric artery (SMA). As a result, he was diagnosed with post-operative superior mesenteric artery syndrome (SMAS) and treated with conservative therapy. The symptoms improved with a nasogastric tube, and he started to eat after POD26, followed by a successful outcome.
キーワード
上腸間膜動脈症候群 (superior mesenteric artery syndrome)
大腸癌 (colon cancer)
備考
症例報告 (Case Reports)
発行日
2010-08-02
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
122巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
129
終了ページ
133
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma