このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 20026
Eprint ID
20026
フルテキストURL
Thumnail 122_39.pdf 290 KB
タイトル(別表記)
A clinicopathological study of distal bile duct carcinoma at Fukuyama Medical Center
著者
濱野 亮輔 国立病院機構福山医療センター 外科
稲垣 優 国立病院機構福山医療センター 外科
西江 学 国立病院機構福山医療センター 外科
徳永 尚之 国立病院機構福山医療センター 外科
常光 洋輔 国立病院機構福山医療センター 外科
大塚 眞哉 国立病院機構福山医療センター 外科
岩川 和秀 国立病院機構福山医療センター 外科
岩垣 博巳 国立病院機構福山医療センター 外科
園部 宏 中国中央病院 臨床検査科
抄録
We experienced 20 patients with distal bile duct carcinoma from May, 1997 to December, 2007. The male/female ratio was 11/9 and the average age was 69.6 years. The operative procedures were as follows : pancreaticoduodenectomy (PD), 9 ; pyrolus preserving pancreaticoduodenectomy (PPPD), 8 ; subtotal stomach preserving pancreaticoduodenectomy (SSPPD), 2 and hepatico-jejunostomy without resection, 1. We performed a clinicopathological study on 16 patients with distal bile duct carcinoma, excluding 3 operation-related deaths and 1 unresectable case. The cumulative survival rate was 70% at 3 years and 11% at 5 years. The 3-year survival rates at fStageII, fStageIVa and fStageIVb were 100%, 80% and 0%, respectively. Log-rank analysis revealed that pathological pancreatic and duodenal invasion and curative resectability may be prognostic factors, while lymph node metastasis and perineural and stump invasion did not affect prognosis. Six recurrences in the 11 curative resection cases (54.5%) were observed ; therefore, postoperative systemic chemotherapy is warranted to curtail recurrence in advanced distal bile duct carcinoma.
キーワード
下部胆管癌 (distal bile duct carcinoma)
手術 (operation)
予後規定因子 (independent prognostic factors)
備考
原著
発行日
2010-04-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
122巻
1号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
39
終了ページ
42
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma