このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17178
Eprint ID
17178
フルテキストURL
Thumnail 121_169.pdf 249 KB
タイトル(別表記)
A retrospective study of the PROLENE hernia system comparedwith the mesh-plug technique
著者
濱野 亮輔 独立行政法人国立病院機構福山医療センター 外科
大塚 眞哉 独立行政法人国立病院機構福山医療センター 外科
藤井 清香 独立行政法人国立病院機構福山医療センター 外科
西江 学 独立行政法人国立病院機構福山医療センター 外科
徳永 尚之 独立行政法人国立病院機構福山医療センター 外科
常光 洋輔 独立行政法人国立病院機構福山医療センター 外科
岩川 和秀 独立行政法人国立病院機構福山医療センター 外科
稲垣 優 独立行政法人国立病院機構福山医療センター 外科
大崎 俊英 独立行政法人国立病院機構福山医療センター 外科
岩垣 博巳 独立行政法人国立病院機構福山医療センター 外科
抄録
To compare the results of the PROLENE hernia system (PHS) and mesh-plug technique (MPT), a retrospective study of adult patients with inguinal hernia was performed. The total number of inguinal herniorrhaphies for the past 9 years was 376, and the numbers of operative treatments by PHS, MPT and the Bassini procedure were 79, 291 and 6, respectively. There were no significant differences either in the operating time or the hospitalization days. No postoperative complications were observed in the PHS group; however, 8 complications were found among the 291 cases (2.75 %) of the MPT group (hematoma, 3 ; seroma, 2 ; testitis, 1 ; mesh infection, 2). Out of the total 376 cases, the number of initial and recurrence cases was 355 and 21, respectively, and out of the 21 recurrence cases the number of initial surgeries by Bassini and MPT was 14 and 7, respectively. Among the 21 recurrence cases there were no recurrences after PHS.
キーワード
鼠径ヘルニア (inguinal hernia)
mesh plug 法 (mesh plug technique)
PROLENE hernia system
備考
原著
発行日
2009-12-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
121巻
3号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
169
終了ページ
171
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma