このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14851
Eprint ID
14851
フルテキストURL
Thumnail 121_25.pdf 2.07 MB
タイトル(別表記)
A surgical case of small intestinal anisakiasis with symptoms of ileus
著者
藤井 清香 国立病院機構福山医療センター 外科
西江 学 国立病院機構福山医療センター 外科
濱野 亮輔 国立病院機構福山医療センター 外科
徳永 尚之 国立病院機構福山医療センター 外科
常光 洋輔 国立病院機構福山医療センター 外科
大塚 眞哉 国立病院機構福山医療センター 外科
三好 和也 国立病院機構福山医療センター 外科
高橋 正彦 国立病院機構福山医療センター 外科
稲垣 優 国立病院機構福山医療センター 外科
大崎 俊英 国立病院機構福山医療センター 外科
岩垣 博巳 国立病院機構福山医療センター 外科
抄録
We report a surgical case of intestinal anisakiasis in which we identified a complete larva. A 48-year-old man complaining of epigastralgia after eating roasted mackerel was admitted to the hospital with a diagnosis of ileus with peritonitis. Abdominal CT showed dilatation and partial thickening of the small intestine. An emergency operation was carried out. On laparotomy, severe stricture of the jejunum was revealed. The affected intestine was resected. A larva whose head was invading the mucosa was found in the resected portion of the jejunum, and we diagnosed the case as intestinal anisakiasis.
キーワード
小腸アニサキス症 (small intestinal anisakiasis)
イレウス (ileus)
備考
症例報告
発行日
2009-04-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
121巻
1号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
25
終了ページ
27
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma