著者 貴谷 光| 御舩 尚志| 河内 和久| 岡崎 守宏| 谷崎 勝朗| 高橋 寿保| 多田 慎也| 高橋 清| 木村 郁郎| 石井 明|
発行日 1990-10
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
102巻
9-10号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/19842
タイトル(別表記) ステロイド依存性重症難治性喘息に対する温泉療法の遠隔効果
フルテキストURL 061_001_006.pdf
著者 谷崎 勝朗| 周藤 眞康| 貴谷 光| 河内 和久| 御舩 尚志| 奥田 博之| 多田 慎也| 高橋 清| 木村 郁郎|
抄録 The immediate effects (IEs) and distant effects (DEs) of spa therapy were observed in 67 patients with steroid- dependent intractable asthma (SDIA). (1) The IEs of spa therapy evaluated one week after spa therapy were considerably high, and the efficacy rate was 61.5% in type Ⅰa, 82.7% in type Ⅰb, and 83.4% in type Ⅱ asthmatics. (2) The DEs of spa therapy on SDIA were also observed. The efficacy rate was 50.2% in type Ⅰa, 54.3% in type Ⅰb and 63.7% in type Ⅱ asthmatics. (3) The DEs of spa therapy were different between cases with and without maintenance therapy (MT). The efficacy rate of DEs was generally high (72.8~91.7%) in cases with MT, and low (16.7~40.0%) in cases without MT. These results show that MT is very important to keep the IEs of spa therapy high for a long time.
抄録(別表記) 67例のステロイド依存性重症難治性喘息を対象に,温泉療法を行い,その即時的効果(1週間後)および遠隔効果(1年後),さらには,温泉療法後の継続療法の影響などについて検討を加えた。1.温泉療法1週間後の即時的効果は比較的高く,その有効率は,Ⅰa.気管支攣縮型で61.5%,Ⅰb.気管支攣縮+過分泌型で82.7%,Ⅱ.細気管支閉塞型で83.4%であった。2.温泉療法の遠隔効果では,その有効率は,Ⅰa型で50.2%,Ⅰb型で54.1%,Ⅱ型で63.7%であった。3.温泉療法の遠隔効果は,その後の継続療法の有無によりかなり異なった結果であった。すなわち,継続療法を行った症例の有効率は,72.8~91.7%と高く,一方,継続療法を行わなかった症例の有効率は,16.7~40.0%の間にあった。これらの結果から,温泉療法の即時的効果を保つためには,その後の継続療法が極めて重要であることが示唆された。
キーワード lmmediate effects (即時的効果) Distant effects (遠隔効果) Maintenance therapy (継続療法) Spa therapy (温泉療法) Steroid-dependent intractable asthma (ステロイド依存性重症難治性喘息)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1990-09
61巻
開始ページ 1
終了ページ 6
ISSN 09133771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002309169
JaLCDOI 10.18926/15518
タイトル(別表記) Clinical significance of spa therapy in patients with steroid-dependent intractable asthma
フルテキストURL 065_119_127.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 横田 聡| 高田 一郎|
抄録 気管支喘息のなかでも,副腎皮質ホルモン依存性の喘息は,もっとも重症難治性であり,薬物療法のみでコントロールすることは極めて困難である。著者らの現在までの成績では,このようなステロイド依存性重症難治性喘息に対して,温泉療法は有効であった。このことは,喘息の治療,とりわけ重症難治例の治療には温泉療法が必要不可欠であることを示している。今回は,その臨床的有用性および機序について,若干の考察を加えた。1.臨床病型では,Ib型やII型に重症難治症例が多く,温泉療法はこれらの病型に対して有効であった。2.年齢別検討では,発症年齢では30才以上,また現年齢では40才以上の症例に対して温泉療法は有効であった。3.温泉療法による換気機能の改善では,小ないし細気管支領域の閉塞の改善がより高度であった。4.温泉療法により,気道過敏性が低下することが観察された。5.温泉療法により,高度に低下した副腎皮質機能の改善が見られた。5.ヨードゾル吸入,鉱泥湿布療法,温泉プール水泳ないし歩行訓練などが,喘息の治療に適した温泉療法と判断された。
抄録(別表記) It is very difficult or sometimes impossible for phisicians to control steroid-dependent intractable asthma (SDIA) without glucocorticoids because of the severity of asthma and low responsiveness to usual antiasthma drugs. Our previous studies have shown that spa therapy improves the symptoms and signs of patients with SDIA, suggesting that spa therapy is highly required for the treatment of SDIA. In this article, the effects and action mechanisms of spa therapy on SDIA were summarized according to the results previously described. 1. Spa therapy is more effective in patients with hypersecretion (type Ib) and bronchiolar obstruction (type II) than in those with simple bronchoconstriction (type Ia). 2. Spa therapy is more effective in patients with the age at onset over 30, and in those with the age over 40 years. 3. Obstructive dysfunction in small airways is more improved compared to that in medium or large airways by spa therapy for asthma patients. 4. Bronchial hyperresponsiveness of asthma patients is suppressed by spa therapy. 5. Markedly suppressed function of adrenocortical glands is improved by spa therapy. 6. Complex spa therapy including swimming training in a hot spring pool, inhalation of iodine salt solution and fango therapy is effective and clinically useful for the treatment of asthma patients.
キーワード 重症難治性喘息 (intractable asthma) 換気機能 (ventilatory function) ヨードゾル吸入 (inhalation of iodine salt solution) 鉱泥湿布療法 (fango therapy) 温泉プール水泳訓練 (swimming training in a hot spring pool)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 119
終了ページ 127
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307310
JaLCDOI 10.18926/15345
タイトル(別表記) 気管支喘息の発症における加齢の影響について
フルテキストURL 063_142_147.pdf
著者 光延 文裕| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 谷崎 勝朗|
抄録 Skin tests, serum total IgE levels, specific IgE antibodies against each allergen, bronchial reactions provoked by allergens and histamine release from basophils are well known as prameters of immediate allergic reactions. The incidence of positive immediate skin reaction to allergens such as house dust, ragweed, Aspergillus Alternaria, Cladosporium and Broncasma decreased with aging. On the other hand, the incidence of positive skin reaction to Candida albicans was higher in cases between the age of 41 and 50 and cases over the age of 61 compared to that in the other groups classified by age. Serum IgE levels was highest in cases aged between 0 and 30. The levels of serum IgE decreased with aging. The incidence of positive RAST scores (more than 2+) and positive bronchial reaction to house dust were highest in cases between 0 and 30, and decreased with aging. However, the positive ratio of these tests against C. albicans were highest in cases between 41 and 50. The degree of histamine release from basophils of asthmatics induced by anti-IgE was consistently high without any correlation to aging when their serum IgE levels were more than 501 IU/ml. In the cases with serum IgE levels of less than 300 IU/ml, basophil reactivity to anti-IgE decreasd with aging. Basophil reactivity to house dust was generally dependent on the levels of specific IgE antibodies against the allergen. Although basophil reactivity to C. albicans was also high in cases with positive RAST scores, some cases with a RAST score of 0+ or 1+ showed high or moderate basophil reactivity. Moderate or high reactivity of basophils was frequently observed in cases between 41 and 50 and cases over age 61.
抄録(別表記) 気管支喘息の発症機序の一つとして,IgE抗体にmediateされる即時型アレルギー反応や好塩基球の反応性の関与が明らかにされている。本論文では,即時型アレルギー反応や抗ヒトIgEや特異抗原に対する好塩基球の反応性が加齢によりどのような影響を受けるかについて検討を加えた。ハウスダスト,ブタクサ,アスペルギルス,アルテルナリア,クラドスポリウム,ブロンカスマ などによる皮内反応の陽性率は,加齢とともに低下する傾向を示した。一方カンジダによる皮内反応の陽性率は,41~50歳および61歳以上の年齢層で高度であった。血清IgE値は加齢とともに低下する傾向がみられた。ハウスダスト特異的IgE抗体,吸入誘発試験の陽性率は,加齢とともに低下する傾向を示した。一方カンジダでは特異的IgE抗体,吸入誘発試験いずれも41~50歳および61歳以上の年齢層で比較的高い陽性率が観察された。抗ヒトIgEに対する好塩基球の反応性は,血清IgEが高値(501IU/ml以上)の場合は年齢と関係なくIgE依存性であったが,血清IgE値の低い症例(301IU/ml以下)では年齢が高い群でその反応性が低い症例の比率が大きかった。ハウスダストに対する好塩基球の反応性は,抗ヒトIgE同様年齢が高い群ほど反応性が低い症例の比率が大きかった。カンジダに対する好塩基球の反応性は,41~50歳および61歳以上の年齢層の症例でより高度であった。
キーワード Skin test (皮内反応) IgE Provocation test (吸入誘発試験) Basophil reactivity (好塩基球の反応性) Aging (加齢)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 142
終了ページ 147
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307130
JaLCDOI 10.18926/15343
タイトル(別表記) 抗原および抗ヒトIgEに対する抗塩基球の反応性. 3.Ca2(+)の細胞内流入およびヒスタミン遊離
フルテキストURL 063_134_141.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 木村 郁郎|
抄録 The release mechanism of chemical mediators from basophils and mast cells was discussed when these cells were stimulated by different antigens and anti-IgE. 1. Ca(2+) influx into mast cells increased after stimulation by antigen. The increased Ca(2+) uptake by mast cells was inhibited by antiallergic agents, disodium cromoglycate (DSCG) and tranilast, and calcium antagonists, nifedipine and nicardipine. 2. The dose-response curve of histamine release by antigen was different from that by anti-IgE. The maximum release of histamine by house dust was, however, similar to that by anti-IgE. House dust- and anti-IgE-induced release of histamine increased with higher- serum IgE levels. On the contrary, the release of histamine by Candida albicans was not releated to serum IgE levels, and the release by C. albicans did not parallel therelease by anti-IgE.
抄録(別表記) ハウスダスト,カンジダなどの抗原および抗ヒトIgE刺激時の,抗塩基球および肥満細胞からの化学伝達物質遊離機序について,若干の検討を行った。1.肥満細胞へのCa(2+)の流入は,抗原刺激後に増加する傾向を示した。この肥満細胞のCa(2+)取り込みの増加は,抗アレルギー剤であるクロモリン(DSCG)やトラニラストやCa(2+)拮抗剤であるニフェジピンやニカルジピンによって抑制された。2.抗原(ハウスダスト)によるヒスタミン遊離の濃度依存性カーブは,抗ヒトIgEによるカーブとは異なっていた。しかし,ハウスダストが抗原である症例では,抗原による最高ヒスタミン遊離値は,抗ヒトIgEによる遊離値とある程度の相関を示した。そして,抗原(ハウスダスト)および抗ヒトIgEによる好塩基球からのヒスタミン遊離は,血清IgE値が上昇するにつれて,増加する傾向が見られた。一方,カンジダによるヒスタミン遊離は,血清IgE値との相関は無く,また,抗ヒトIgEによるヒスタミン遊離との間にも関連は見られなかった。
キーワード Ca(2+) influx (Ca2+流入) histamine release (ヒスタミン遊離) house dust (ハウスダスト) Candida albicans (カンジダ) anti-lgE (抗ヒトIgE)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 134
終了ページ 141
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307872
JaLCDOI 10.18926/15337
タイトル(別表記) Pathogenic significance of IgG and IgG(4) antibodies against Candida albicans in bronchial asthma
フルテキストURL 064_116_124.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介|
抄録 カレジダ特異的IgG及びIgG(4)抗体が,気管支喘息の発症病態に関与しているかどうかについて検討を加えた。カンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体は, 0-30才の年齢層の症例ではアトピー性素因の強い症例で,また,31-60才の年齢層の症例ではストロイド依存性重症難治性喘息症例で,さらに61才以上の高年令の症例で,その産生亢進が観察される。これらの症例におけるIgG及びIgG(4)抗体産生は,0-30才の年齢ではアトピーとの関連で,また31-60才の年齢では副腎皮質ホルモンの長期投与と関連して,さらに61才以上の症例では加齢と関連して,細胞性免疫能が低下し,そのためカンジダの発育が促進され,その結果として,IgG及びIgG(4)抗体の産生亢進が見られることが明らかにされている。すなわち,気管支喘息におけるカンジダに対するIgG系抗体の産生亢進は,cell-mediated immunityの低下と言う共通の基盤を有しており,病因的意義とは必ずしも関連していないことを述べた。
抄録(別表記) Pathogenic significance of IgG and IgG(4) antibodies against Candida albicans was discussed in patients with bronchial asthma. An increased production of IgG and IgG(4) antibodies against Candida albicans has been observed in patients with atopic between the ages of 0 and 30, those with steroid-dependent intractable asthma between 31 and 61, and elderly patients over the age of 61. The mechanism of an increased production of IgG and IgG(4) antibodies seems to be related to atopy in patients between 0 and 30, long-term glucocorticoid therapy in those with steroid-dependent intractable asthma between 31 and 60, and aging in elderly patients over age 61. Atopy, glucocorticoid therapy and aging in general suppress cell-mediated immunity, and suppressed cell-mediated immunity increases growth of C. albicans in patient's body, leading to an increased production of IgG and IgG(4) antibodies against C. albicans. These results show that an increased production of IgG and IgG(4) antibodies against C. albicans is not always related to the pathogenesis of bronchial asthma.
キーワード カンジダ (Candida) lgG抗体 (IgG antibodies) IgG(4)抗体 (IgG(4) antibodies) アトピー (Atopy) 気管支喘息 (Bronchial asthma)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 116
終了ページ 124
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307381
JaLCDOI 10.18926/15327
タイトル(別表記) Inhibitory effect of furosemide on histamine release from human basophils
フルテキストURL 063_095_098.pdf
著者 貴谷 光| 草浦 康浩| 本家 尚子| 谷水 将邦| 光延 文裕| 御舩 尚志| 岡崎 守宏| 谷崎 勝朗|
抄録 furosemideは利尿剤として知られているが,吸入することにより気道収縮に対して抑制的に作用することが近年報告されている。その抑制作用の機序を明らかにする目的で,furosemide添加による末梢血好塩基球からのヒスタミン遊離に対する抑制効果を検討した。健常人4例,アトピー型気管支喘息患者8例を対象として全血法で抗ヒトIgE刺激によるヒスタミン遊離を観察した。なお,furosemideの最終濃度は0,1,10,100μg/mlに調整して添加実験を行った。健常人,気管支喘息いずれにおいても,furosemide添加による末梢血好塩基球からのヒスタミン遊離に対する抑制効果はみられなかった。
抄録(別表記) Inhibitory effect of furosemide on histamine release from basophils induced by anti-IgE was examined in 4 healthy subjects and 8 patients with atopic asthma. The experiments of basophil histamine release were carried out by using whole blood method. The mean values of histamine release after 15 min preincubation with furosemide at various concentrations were not significantly decreased, in both healthy and asthmatic subjects compared to those of histamine release without furosemide. The results obtained here show that furosemide does not inhibit histamine release from basophils by the whole blood method.
キーワード 気管支喘息 (Bronchial asthma) フロセミド (Furosemide) ヒスタミン遊離 (Histamine release)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 95
終了ページ 98
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307119
JaLCDOI 10.18926/15325
タイトル(別表記) 気管支喘息患者における細胞性免疫,ガンジダ抗原に対する遅延型反応の抑制
フルテキストURL 063_069_073.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 原田 英雄| 越智 浩二| 木村 郁郎|
抄録 Delayed cutaneous hypersensitivity towards Candida albicans was examined in 200 patients with bronchial asthma in relation to patient age and the level of total IgE. 1. Delayed skin reactivity towards C.albicans was depressed in the patients between the ages of 10 and 20 and in those over the age of 61. A significant difference was present in delayed skin reactivity between the groups of 10-20 and 41-50 years old. 2. The frequency of the patients with positive delayed skin reactivity towards C.albicans was the highest in those with low levels of total IgE (0 -100 IU/ml) and the low est in those with high levels of total IgE (over than 1001 IU/ml). The results suggest that cell-mediated immunity towards C.albicans is depressed re lating to atopics in the patients between 10 and 20 and to aging in the patients over 61.
抄録(別表記) 気管支喘息200例を対象にカンジダに対する即時型および遅延型皮膚反応を観察し,これらの皮膚反応と年令,血清IgE値との関連について検討を加えた。1. カンジダに対する遅延型皮膚反応は,10~20才の年齢層および61才以上の年齢層の症例において,その陽性率の低下が観察された。そして,10~20才の年齢層と41~50才の年齢層の症例では,両者間で陽性率の有意の差が見られた(p<0.001)。2. カンジダに対する遅延型皮膚反応の陽性率は,血清IgE値が低い(0~100 IU/ml)症例において最も高く,一方血清IgE値が高い(1001IU/ml以上)症例において最も低いという傾向が見られた。これらの結果は,カンジダに対する細胞性免疫は,10~20才の年齢層ではアトピーと,また61才以上の年齢層では加齢と関連して抑制されることを示唆するものと考えられる。
キーワード cell-mediated immunity (細胞性免疫) bronchial asthma (気管支喘息) atopics (アトピー) aging (加齢) カンジダ
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 69
終了ページ 73
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307949
JaLCDOI 10.18926/15324
タイトル(別表記) 臨床所見および検査成績からのスコアーによる喘息分類の特徴
フルテキストURL 063_063_068.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷水 将邦| 本家 尚子| 草浦 康浩| 高取 明正| 奥田 博之| 木村 郁郎|
抄録 Twenty six patients with bronchial asthma was classified by clinical symptoms and singns (clinical diagnosis), and the classification by clinical diagnosis was compared with the classification by a score calculated from clinical findings and examinations (score diagnosis). 1. Of 12 subjects with type Ia classified by clinical diagnosis, 8 cases with 0 to 49 ml/day of expectoration were evaluated as type Ia by score diagnosis. While four type Ia cases with 50 to 99ml/day of expectoration were calssified as type Ib by score diagnosis. The increased incidence of eosinophils in bronchoalveolar lavage fluid (BALF) of these four cases was similar to the incidence in type Ib cases with hypersecretion. 2. All of 6 subjects with type Ib by clinical diagnosis were estimated as type Ib by score diagnosis. 3. Of 8 cases with type II by clinical diagnosis, 7 cases were assessed as type II by score diagnosis. One case with type II by clinical diagnosis and with the score of 10 points was evaluated as questionable type II by score diagnosis.
抄録(別表記) 気管支喘息36例を対象に,臨床病態による喘息の分類(臨床診断)を試み,この分類と臨床所見および臨床検査より求めたスコアーによる分類(スコアー分類)との比較検討を行った。1.臨床分類でIa.単純性気管支攣縮型と診断された12症例のうち,1日喀痰量0-49mlの8症例は,スコアー分類では同様にIa.型と分類された。一方,1日喀痰量50-99mlの4症例はスコアー分類ではIb.型(気管支攣縮+過分泌型)と分類された。これら4症例のBALF中好酸球増多はIb.型に類似した病態であった。2.臨床診断によりIb.型に分類された6症例はいずれもスコアー診断でもIb.型と分類された。3.臨床診断によりII.型(細気管支閉塞型)と分類された8症例のうち,7症例はスコアー診断でもII.型と分類されたが,1症例はスコアー10でII.型の診断基準に合わず,questionable II.型と診断された。
キーワード asthma classification (喘息分類) bronchoconstriction (気管支攣縮) hypersecretion (過分泌) bronchiolar obstruction (細気管支閉塞) score diagnosis (スコアー診断)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 63
終了ページ 68
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307348
JaLCDOI 10.18926/15322
タイトル(別表記) 高齢者健常人および気管支喘息患者におけるカンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体について
フルテキストURL 063_058_062.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 古藤 直樹| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Specific IgG and IgG(4) antibodies against Canadida albicans were exmined in 48 healthy and 69 asthmatic subjects to analyze the mechanism causing an increased production of these immunoglobulins. 1. The level of C.albicans-specific IgG and IgG(4) antibodies was higher, not significantly in IgG(4), in asthmatics under 30 years of age, compared with healthy subjects of the same age group. 2. Specific IgG and IgG(4) antibody levels in both healthy and asthmatic subjects showed a tendency to increase with aging, and significant difference was present between cases under 30 years and cases over 70 years of age. 3. Any difference in the production of specific IgG and IgG(4) was not observed in elderly cases older than 60 years between healthy and asthmatic subjects.
抄録(別表記) 高齢者(61才以上)の健常人48名および気管支喘息患者69例を対象に,カンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体を測定し,その増加の機序について若干の検討を加えた。なお,対照としては,30才以下の健常者および気管支喘息患者を選んだ。1.カンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体価は,30才以下では,健常人に比べ気管支喘息症例で高い傾向が見られ,特異的IgG抗体では両者間に有意の差が見られた(p<0.05)。2.カンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体は,健常人および気管支喘息症例いずれも加齢とともに増加する傾向が見られ,71才では,30才以下の症例に比べ有意に高い抗体価を示した。3.61才以上の高齢者では,特異的IgG,IgG(4)抗体いずれにおいても,健常人と気管支喘息患者との間に有意の差は見られなかった。
キーワード Candida albicans (カンジダ特異的IgG) Specific IgG IgG(4) Bronchial asthma (気管支喘息) Aging (加齢)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 58
終了ページ 62
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307284
JaLCDOI 10.18926/15319
タイトル(別表記) Effects of vitamin D and exercise on bone mineral density (BMD) measuured by QCT
フルテキストURL 064_071_074.pdf
著者 平松 順一| 瓦家 正志| 横田 聡| 杉本 啓介| 光延 文裕| 御舩 尚志| 梶本 和宏| 貴谷 光| 谷崎 勝朗| 中井 睦郎| 穐山 恒雄|
抄録 40才~84才(平均64.1才)の患者38例における骨塩量を,ある期間(1~15カ月,平均8.2カ月)をおいて2回,定量的QCT(quantitative computed tomography)法を用いて測定し,その経時的変化によって,骨粗鬆症に対する治療法の効果判定を試みた。その結果,(1)全体として骨塩量に有意の増加は認められなかった。(2)骨強化剤使用例についても骨塩量に有意の増加は認められなかった。(3)運動療法施行者においても骨塩量に有意の増加は認められなかった。以上のことから骨粗鬆症の治療においては,約1年弱の経過では著明な反応は得られにくいものと思われた。ただし,一部の運動療法施行者,骨強化剤使用者において,骨塩量の著明な上昇が認められており,さらに経時的な観察が必要と思われた。
抄録(別表記) Bone mineral density (BMD) was measured twice in 38 patients aged 40 to 84 years old for the last one year to evalute the effects of vitamin D and exercise on BMD. 1) In all patients, The BMD did not significantly increase. 2) In patients with vitamin D for osteoprosis, the BMD did not significantly increse compared to those without the drug. 3) In patients with exercise therapy, the BMD did not show any significant increase compared to those without exercise.
キーワード 骨粗鬆症 (Osteoprosis) 定量的QCT法 (QCT) 加齢 (Aging) 運動療法 (Exercise) ビタミンD (Vitamin D)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 71
終了ページ 74
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307358
JaLCDOI 10.18926/15318
タイトル(別表記) 老令者の気管支喘息,各臨床病型における換気機能の特徴
フルテキストURL 063_044_049.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷水 将邦| 本家 尚子| 草浦 康浩| 高取 明正| 奥田 博之| 木村 郁郎|
抄録 Ventilatory function was examined in 20 elderly patients with bronchial asthma in relation to clinical asthma types, and the results were compared with those of younger asthmatics. 1. Ventilatory parameters such as FEV(1.0%), % PEFR, % MMF, % V(50) and % V(25), which repressent obstructive ventilatory dysfunction, were in general lower in older asthmatics than in the youger cases. 2. The values of % V(50) and % V(25), representing ventilatory dysfunction in small airways, were significantly lower in the older subjects with type Ib and II compared to the younger cases with same types. 3. Markedly decreased values in ventilatory parameters, particularly in % MMF, % V(50) and % V(25) were observed in both older and younger subjects with type II. The results suggest that ventilatory function decreases with aging and the decrease is related to the pathophysiological changes in the airways.
抄録(別表記) 60才以上の老年気管支喘息20例(平均年令;66.7才)を対象に,その換気機能について,臨床病態別に59才以下の症例(平均年令;44.9才)との比較検討を行った。1.FFV(1.0%), % PEFR, % MMF, % V50, % V25などの閉塞性換気障害を表すパラメーターは,59才以下の症例に比べ老年症例で全般的に低い傾向が見られた。2.小ないし細気管支領域の換気榛能を反映すると考えられる% V(50)および% V(25)は,Ib型およびII型喘息を示す老年症例において,59才以下の症例に比べ,有意に低い値を示した。3.II型喘息症例では,59才以下および老年症例のいずれにおいても, % MMF, % V(50)および% V(25)は他の臨床病型にくらべ著明に低い値を示した。これらの結果は,気管支喘息における換気機能は,加令とともに低下傾向を示すこと,そしてその低下は臨床病態と関連していることを示しているものと考えられた。
キーワード Ventilatory function (換気機能) small airways (細気管支) clinical asthma types (臨床病型) elderly asthmatics (老年者気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 44
終了ページ 49
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307531
JaLCDOI 10.18926/15316
タイトル(別表記) 老年者の気管支喘息. アレルギー反応と気道細胞反応
フルテキストURL 063_039_043.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷水 将邦| 本家 尚子| 草浦 康浩| 越智 浩二| 原田 英雄| 木村 郁郎|
抄録 Clinical features of bronchial asthma in the elderly were analyzed by observlng IgE-mediated allerglc reactions evaluated by immediate skin reaction and specific IgE antibodies to allergens, ventilatory function and cellular composition in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid. 1. The frequency of positive immediate skin reaction and positive RAST score to allergens was in general low in the elderly patients over age 70. 2. Ventilatory function was widely variegated, and fifteen cases (60%) of the 25 Subjects showed considerably high values of FEV(l.0%), % PEFR, % MMF, % V(50) and % V(25), and the mean value of FEV(1.0%) in these cases was 71.3%. 3. The decreased value of % V(25) was related to BAL neutrophilia in 2 cases, but any correlation was not found between BAL neutrophilia and decreased value of % V(25) in 9 csese of the eleven subjects who had the BAL examination. The results show that in asthma of elderly patients, IgE-mediated allergic reactions are weak, and that a decreased value of % V(25) can be observed without BAL neutrophilia.
抄録(別表記) 70才以上の老年者気管支喘息の特徴について,アレルゲンに対する即時型皮膚反応および特異的IgE抗体,換気機能,気管支肺胞洗浄液(BAL)中の細胞成分などにより検討した。1.アレルゲンに対する即時型皮膚反応および特異的IgE抗体の陽性率は,全般的にかなり低い傾向を示した。2.換気機能にはかなりのばらつきが見られたが,25例中15例(60%)では,,いずれの換気パラメー ターもかなり高い値を示し,これらの症例の平均FEV(1.0%)は71.3%であった。3.BALを施行した11例中,% V(25)値の低下とBAL中好中球増多との間に関連の見られた症例は2例のみで,他の9例では% Ⅴ(25)値の高度な低下にもかかわらず,BAL中の好中球増多は見られなかった。これらの結果より,老年者気管支喘息では,IgEにmediateされるアレルギー反応は全般的に弱いこと,またBAL液中好中球増多なしに% V(25)値の高度な低下が出現してくることが示された。
キーワード elderly subjects (老年者) lgE-mediated allergic reaction (IgE系反応) ventilatory function (換気機能) BAL neutrophilia (BAL好中球) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 39
終了ページ 43
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307727
JaLCDOI 10.18926/15313
フルテキストURL 063_034_038.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷水 将邦| 本家 尚子| 草浦 康浩| 木村 郁郎|
抄録 The serum levels of total IgE, IgG and IgG(4) were compared among five age groups of patients with bronchial asthma. 1. The level of serum IgE was significantly higher in the patients before the age of 29 than in those between the ages of 30 and 49 (p < 0.02), between 50 and 59 (p < 0.01) and between 60 and 69 (p < 0.01). The serum IgE level tended to increase in the patients over age 70. 2. The serum level of total IgG was significantly higher in the patients over age 70 compared with the level in the 30-49 (p < 0.05) and the 60-69 year old groups (p < 0.05). 3. The serum IgG(4) level was increased with aging, although no significant difference was found among the five age groups. 4. The IgG(4) level correlated to a certain extent with the level of serum IgE. The results reveal that the levels of total IgE, IgG and IgG(4) are increased in the elderly patients over age 70, and that there is a relationship between serum levels of total IgE and IgG(4).
キーワード Total IgE IgG IgG(4) aging bronchial asthma
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 34
終了ページ 38
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307767
JaLCDOI 10.18926/15309
タイトル(別表記) Correlations between bone mineral density measured by QCT and risk factors of Osteoporosis
フルテキストURL 063_030_033.pdf
著者 本家 尚子| 草浦 康浩| 谷水 将邦| 光延 文裕| 御舩 尚志| 岡崎 守宏| 貴谷 光| 谷崎 勝朗| 高取 明正| 奥田 博之| 中井 睦郎| 穐山 恒雄|
抄録 27~85才の女性143例における骨塩量を,定量的QCT法 (quantitative computed tomography)を用いて測定し,年令,身長,体重及び原疾患(慢性関節リウマチ),使用薬剤(ステロイド・骨強化剤)の因子の骨塩量に及ぼす影響について検討した。その結果,1)加令とともに骨塩量は低下するが,特に40才代後半から60才代にかけての低下が顕著であり,また, 他因子の影響を受けやすい。2)体型的因子としては.痩せ型で低身長の人に低値の傾向がある。3)ステロイド使用の有無における検討において,特に50才代で使用群が著明に低値であることが明らかとなった。また,薬剤の因子の考察に関しては,さらに経時的検討か必要であると思われた。
抄録(別表記) Bone mineral density (BMD) was measured in 143 females aged 27 to 85 years old to investigate the correlations between BMD and several factors such as age, height, presence of rheumatoid arthritis and corticosteroid or bone intensifying drug therapy. 1) BMD values decreased with aglng and the most remarkable decrease was observed at the age of latter half of 40's to 60's. 2) Women with slim and low stature tended to have low BMD values. 3) BMD values of women with steroid therapy were significantry lower than those without corticosteroid at the age of 50's (p<0.01). However, further study is necessary to confirm the effect of drugs on BMD.
キーワード 骨粗鬆症 (Osteoporosis) 定量的コンピューター断層法 (QCT (quantitative computed tomograpy))
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 30
終了ページ 33
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307603
JaLCDOI 10.18926/15306
タイトル(別表記) 気管支喘息における気道内への好中球の出現とその意義 換気機能と関連して
フルテキストURL 063_025_029.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷水 将邦| 本家 尚子| 草浦 康浩| 木村 郁郎|
抄録 Ventilatory function was compared between two age-matched asthma groups : group A (study group) consists of 8 patients with bronchial asthma with marked neutrophilia (20% or more) in the BAL fluid and group B (control group) of 8 patients with neutrophils (less than 5% of total BAL cells). The values of six ventilatory parameters were lower in group A than in group B, and a significant difference was found in FEV(1.0%), % MMF, % V(50) and % V(25) between groups A and B. Of these parameters, the value of % V(25) was markedly decreased in group A compared with group B. The results show that ventilatory dysfunction in airways, especially in small airways, is closely correlated to increased number of neutrophils in BAL fluid.
抄録(別表記) 気管支喘息を対象に,年令をmatchさせた2つのグループ,すなわち,気管支肺胞洗浄液(BALF)中の好中球の出現頻度が20%以上の8症例(グループA)と,BALF中の好中球の出現頻度が5%以下の8症例(グループB)における換気機能について比較検討を行った。6つの換気パラメーターは,全般的にグループAにおいてグループBに比べ低い傾向が見られ,FEV(1.0%),% MMF,% V(50)および% V(25)値は,いずれもグループAにおいて有意に低い値が示された。これらのパラメーターのうち,% V(25)値はグループBに比べグループAにおいて著明に低い値が示された。これらの結果は,気道における換気障害,特に小ないし細気管支領域の換気障害は,BALF中の好中球の出現頻度とある程度関連していることを示すものと考えられた。
キーワード ventilatory function (換気機能) neutrophils in BAL fluid (好中球, BAL) small airways (細気管支) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 25
終了ページ 29
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307993
JaLCDOI 10.18926/15304
タイトル(別表記) 気管支喘息における気道内への好酸球の出現とその意義. 過分泌と関連して.
フルテキストURL 063_014_018.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 木村 郁郎|
抄録 A correlation between the proportion of eosinophils in bronochoalveolar lavage (BAL) fluid and amount of expectoration was examined in patients with atopic asthma. The subjects were divided into two groups : cases with high proportion (20% of more) (group A) and low proportion (less than 5%) (group B) of eosinophils in the BAL fluid. Any significant difference was not paesent in the value of each ventilatory parameter between the two groups. The amount of expectoration/day was significantly higher in group A compared with group B (p<0.001). These results suggest that eosinophilia in BAL fluid correlates to mucus hypersecretion in the airways of patients with atopic asthma.
抄録(別表記) アトピー型気管支喘息のなかから,気管支肺胞洗浄液(BALF)中の好酸球の出現頻度が20%以上の症例(グループA)と5%以下の症例(グループB)の2群を選び出し,それぞれの換気機能および喀痰量を比較検討した。その結果,換気機能には両群間に有意の差は見られなかったが,1日喀痰量は,BALF中好酸球の著明増多を示すグループAにおいて有意に多い傾向が見られた。これらの結果は,BALF中好酸球増多と過分泌との間にはある程度の関連があることを示しているものと考えられた。
キーワード Eosinophilia (好酸球) Hypersecretion (過分泌) BAL fluid (BAL) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 14
終了ページ 18
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307156
JaLCDOI 10.18926/15302
タイトル(別表記) 気管支喘息における気道内リンパ球の出現とその意義.IgE系反応との関連について.
フルテキストURL 063_019_024.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷水 将邦| 本家 尚子| 草浦 康浩| 木村 郁郎|
抄録 Relationship of the proportion of lymphocytes in bronchoalveolar lavage (BAL) fiutd to IgE-mediated reactions and to ventilatory function was studied in two age-matched asthma groups : group A of 11 subjects with BAL lymphocytes over 30% and group B of 11 subjects with BAL leyphocytes less than 10%. Of the eleven subjects in group A, 3 (27.3%) were atopic and 4 (36.4%) were non-atopic. The proportion of BAL lymphocytes in subjects with serum IgE level more than 300 IU/ml, who were all older than 50 years, was significantly higher than that in subjects with serum IgE less than 100 IU/ml in group A (p<0.05). While of the eleven subjects of group B, 5 (45.5%) were atopic and 4 (36.4%) were non-atopic. The value of % V(25) was significantly higher in the atopics compared with the non-atopics in group A (p<0.05), although no significant difference was found in the value of % V(25) between the two asthma types in group B. The results show that an increased number of lymphocytes in BAL fluid may be enhanced by IgE-mediated allergic reactions in the elderly, and that the decreased value of % V(25) may be associated withan increased number of lymphocytes in BAL fluid in non-atopics.
抄録(別表記) 気管支喘息を対象に,気管支肺胞洗浄液(BALF)中のリンパ球の出現頻度と,IgE系反応および換気機能との関連について検討を加えた。対象は,同年齢の2つのグループ,すなわち,BALF中リンパ球出現頻度30%以上の症例(グループA)と10%以下の症例(グループB)に分けて,それぞれ11例ずっで比較検討を行った。グループAでは,11例中3例がアトピー型,4例が非アトピー型であった。血清IgEが300IU/ml以上の症例(いずれも50才以上)では,100IU/ml以下の症例に比べ,BALF中リンパ球の出現頻度は,有意に高い傾向を示した。一方,グループBの11例では,アトピー型5例,非アトピー型4例であった。% Ⅴ(25)値は,グループAではアトピー型で,非アトピー型に比べ有意に高い値を示した。これらの結果は,50才以上の症例では,IgE系の反応がリンパ球の出現頻度を増強させること,そして,非アトピー型では,リンパ球の出現頻度と% Ⅴ(25)笛値との間にある程度の関連が見られることを示唆しているものと考えられた。
キーワード Lymphocytes (リンパ球) BAL fluid (BAL液) IgE antibody (IgE抗体) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 19
終了ページ 24
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307202
JaLCDOI 10.18926/15300
タイトル(別表記) Clinical effects of spa therapy on bronchial asthma.
フルテキストURL 063_007_013.pdf
著者 御舩 尚志| 草浦 康浩| 本家 尚子| 谷水 将邦| 光延 文裕| 岡崎 守宏| 貴谷 光| 谷崎 勝朗|
抄録 ステロイド依存性重症難治性喘息を中心に,喘息に対する温泉療法の臨床効果を,症例の背景因子に基づいて検討した。1.現年令あるいは発症年令が高い症例でより有効であった。2.非アトピー性の症例において有効率が高率であった。3.臨床病型別では,細気管支閉塞型において最も有効率が高く,17例中16例(94.1%)が有効であった。4.ステロイド減量効果は.71症例中43例(60.6%)で認められた。細気管支閉塞型の症例でステロイド減量不能の症例を多く認めた。
抄録(別表記) Clinical effects of spa therapy were studied in 93 patients in relation to allergological-characteristics. Forty-seven of the 93 patients were steroid-dependent intractable asthma. 1. Spa therapy was effective in the patients over the age of 41 and over 41 at onset. 2. Spa therapy was more effective in nonatopic patients than in atopic. 3. Regarding clinical classification of asthma type (simple bronchoconstriction type, bronchoconstriction + hypersecretion type and bronchiolar obstruction type), spa therapy was most effective in the patients with bronchioar obstruction type (94.1%). 4. In 43 of the 71 patients (60.6%), the dose of corticosteroid used was reduced by spa therapy. In the patient with bronchiolar obstruction type, reduction of corticosteroid by spa therapy was observed with a low propor-
キーワード 気管支喘息 (Bronchial asthma) 温泉療法 (Spa therapy) 臨床病型 (clinical asthmaty)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 7
終了ページ 13
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307411
JaLCDOI 10.18926/15237
タイトル(別表記) Recent medical studies on radon therapy in Europe
フルテキストURL 012_1_007_013.pdf
著者 山岡 聖典| 御舩 尚志|
抄録 本総説は,本邦で実施している三朝ラドン温泉の適応症に関する機構解明に資するために調査した欧州におけるラドン療法の医学的研究に関する最近の動向の概要についてまとめたものである。すなわち,ラドンを用いた温泉や坑道での療法の適応症には,脊椎の非細菌性炎症(べヒテレフ病),慢性多発性関節炎,気管支喘息などが含まれる。臨床医学的研究として,以前,客観的方法で検討されたものはほとんどなかったが,最近,無作為化二重盲検臨床試験などにより,ラドン療法がベヒテレフ病,慢性多発性関節炎などの患者の痛みを緩和させる効能があることが実証されつつある。また,基礎医学的研究として,抗酸化機能や免疫機能などの指標に着目した動物実験により,ラドン療法の機構を解明する上で合理的根拠が得られつつあることもわかった。さらに,これらの知見と本邦での研究動向を踏まえ,今後,期待されるラドン療法の機構解明を行うための研究課題を提案した。
抄録(別表記) To elucidate the mechanism of radon therapy in Misasa radon spa, the author researched these recent studies in Europe. Parts of the results were as follows. In spas and galleries with a slightly elevated radon activity, the empirical medicine showed the same indications in the world. It mainly includes the more painful rheumatic diseases such as deformation or degeneration of the joints and non bacterial inflammation of muscles, tendons or joints ; Morbus Bechterew and other diseases of the vertebral column like spondylarthrosis or osteochondrosis. While these effects were seldom documented in an objecive manner formly, in recent years several prospective randomized double-blind studies proved the pain reducing efficacy of radon therapy in patients with cervical pain syndromes, with chronic polyarthritis or with Morbus Bechterew. Studies in experimental animal models have accumulated remarkable data in cultured cells, organs and tissue that provide a rationale to explain the observed effects of radon therapy in patients.
キーワード ラドン療法 (radon therapy) 適応症 (indication) 活性酸素 (active oxygen) 二重盲検試験 (prospective randomized double-blind study) バードガスタイン (Badgastein)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 7
終了ページ 13
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307417