このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 861
Eprint ID
861
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Seed Development and Seedling Growth After Reciprocal Crossing Between Diploid and Tetraploid Muscat Grapes
著者
岡本 五郎 岡山大学
平野 健 岡山大学
田中丸 直美 岡山大学
大森 直樹 岡山大学
抄録
1.マスカット系の無核品種を育成するために,2倍体品種と4倍体品種の正逆交雑を行い,結実及び種子形成率,胚の発育,種子の発芽と実生の生育を2倍体品種の自家受粉の場合と比較した. 2.4倍体×2倍体の組み合わせでは,結実率は高い傾向であったが,無核果が多く,有核果の含種子数も少なく,2倍体×4倍体の組み合わせに比べて種子の獲得数ははるかに少なかった.これに比べ,2倍体の自家受粉では有核果率及び含種子数がもっとも高かった. 3.2倍体の自家受粉では結実した子房内の胚珠の約67%が正常に発育していたが,2倍体×4倍体及び4倍体×2倍体では珠心の萎縮による胚珠の退化が多く,正常なものはそれぞれ約47%,約10%にすぎなかった.それらの胚は,2倍体×4倍体では2倍体の自家受粉と大差なくその後も発達したが,4倍体×2倍体では球状胚以上に発達するものはなかった. 4.成熟果粒から取り出した種子に休眠打破処理を行い,播種した2倍体×4倍体の種子の発芽率と実生の獲得率は,2倍体の自家受粉種子の約3分の1であった.4倍体×2倍体では実生は得られなかった。
キーワード
マスカットブドウ
正逆交雑種子
発育
実生
発行日
1992
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
80巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
85
終了ページ
91
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa