このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11104
Eprint ID
11104
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Effect of Vine Shading and High Moisture Treatment on Berry Crack in 'Muscat of Alexandria'Grape
著者
朝岡 克拓 岡山大学
今井 俊治 広島県農業技術センター果樹研究所
岡本 五郎 岡山大学
平野 健 岡山大学
抄録
In 'Muscat of Alexandria'grape berries,concentric cracking around the pedicel generally occurs in the time preceding harvest.In this experiment the effectds of vine shading and high moisture condition on the incidence in berry cracking were studied.The relationship of daily fluctuation of berry and trunk diameter with berry cracking was also investigated.Berry cracking incidence control vines was low.No cracked berries were observed on vines treated with shade only,while shade+high moisture treatment caused several cracked berries.Berries control vines showed contraction during day time and rapid enlargement from evening to early morning. The results suggest that phenomenon was mainly induced by leaf transpiration.Fluctuation of berry diameter in shade vines was insignificant while an expressive enlargement was recorded from evening to early morning in berries of vines treated with shade+high moisture.It appears that berry cracking occurs when low transpiration is coupled with water supply to roots,probably due to excessive absorption of water.Moreover,berry cracking occurred moistly in berries at the upper part of clusters,and cracked berries contained more sugar than non-cracked ones.A correlation between the shape of epidermal and hypodermal cells and berry crack was also observed.
抄録(別表記)
ブドウ’マスカット・オブ・アレキサンドリア’の果房では、収穫期の直前に果たいを中心とした半円状の烈果が発生する。本実験では樹体の遮光、多湿による裂果の発生、果粒と幹の直径の日変化を調査し、両者の関連性を考察した。無処理区では裂果が少数発生し、遮光・多湿区では、裂果が多発した。遮光区では全く発生しなかった。無処理区では、日中に果粒が収縮し、夜間から早朝にかけて急速に肥大したが、これは日中の葉の蒸散による影響と考えられる。これに対して、遮光区では果粒径の日変化は明らかに小さかった。一方、遮光・多湿区では早朝にかけての肥大がもっとも急速であった。これは樹体が高い水分状態である上に、過剰な土壌水分によって水分の流入が起こり、裂果が多発したのではないかと推察される。また、裂果は果房上部で発生しやすく、裂果の発生した果粒はBrixが高い傾向が見られた。表皮および亜表皮組織の細胞の形態にも裂果しやすさと関連する傾向がみられた。
キーワード
berry cracking
'Muscat of Alexandria'
shade
moisture supply
発行日
1997-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
86巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
51
終了ページ
54
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa