このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 54616
タイトル(別表記)
Ectopic sebaceous glands in the esophagus that became evident over a three-year span
著者
岩室 雅也 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
岡田 裕之 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
原田 馨太 岡山大学病院 光学医療診療部
神崎 洋光 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
堀 圭介 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
喜多 雅英 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
川野 誠司 岡山大学病院 光学医療診療部
河原 祥朗 岡山大学病院 光学医療診療部
田中 健大 岡山大学病院 病理診断科
山本 和秀 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
抄録
A 43-year-old Japanese woman was diagnosed with ectopic sebaceous glands in the esophagus by esophagogastroduodenoscopy and biopsy. At the age of 46, typical ectopic sebaceous glands were recognized in the upper esophagus, whereas yellowish white granules were faintly observed in the lower esophagus. Esophagogastroduodenoscopy examinations were repeated when she was 47 and again at 50 years old, and the lesions in the lower esophagus had become more evident over the ensuing 3 years. Esophageal ectopic sebaceous glands are relatively infrequent, and there have been few case reports describing the progression of the endoscopic features. We also report the clinical and endoscopic features of the five similar cases with pathologically proven ectopic sebaceous glands in the esophagus.
キーワード
食道異所性脂腺(ectopic sebaceous glands in the esophagus)
粘膜下腫瘍(submucosal tumor)
食道黄色腫(esophageal xanthoma)
備考
症例報告(Case Reports)
発行日
2016-12-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
128巻
3号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
201
終了ページ
205
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2016 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma