このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13722
Eprint ID
13722
フルテキストURL
Thumnail 108_139.pdf 1.52 MB
タイトル(別表記)
Radioprotective effect of epinephrine as a vasoconstrictor in mouse oral mucosa and scalp
著者
高 献書 岡山大学医学部放射線医学教室
中川 富夫 岡山大学医学部放射線医学教室
山本 道法 岡山大学医学部放射線医学教室
黒田 昌宏 岡山大学医学部放射線医学教室
栄 勝美 岡山大学医学部放射線医学教室
清水 光春 岡山大学医学部放射線医学教室
新屋 晴孝 岡山大学医学部放射線医学教室
竹田 芳弘 岡山大学医学部放射線医学教室
上者 郁夫 岡山大学医学部放射線医学教室
平木 祥夫 岡山大学医学部放射線医学教室
川崎 祥二 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
抄録
Epinephrine is the most widely used vasoconstrictive drug. However, its radioprotective potential has not yet been studied for radiation-induced mucositis and dermatitis. Other vasoconstrictive drugs induce a radioprotective effect, but are not used because of their severe side effects. We studied the radioprotective effect of epinephrine on the oral mucosa and scalp of the mice. The radiation dose was 20Gy in a single fraction to the head of the mouse. In the group treated with epinephrine ointment, secretion from the oral cavity was slight, body wieght loss was less and hair loss was observed in fewer cases compared to those in the group without of epinephrine ointment. The mechanism is thought to be related to oxygenation. Epinephrine causes vasoconstriction, therefore the blood supply is lowered and the oxygen concentration in the tissue decline. In conclusion, epinephrine is considered to have potential as a radioprotective ointment for mucous membranes and skin.
キーワード
エピネフリン
放射線防護剤
血管収縮
酸素効果
マウス粘膜皮膚
備考
原著
発行日
1996-06-29
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
108巻
3-6号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
139
終了ページ
144
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/108/3-6/108_3-6_139/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma