JaLCDOI 10.18926/AMO/54606
フルテキストURL 70_5_421.pdf
著者 Ohki, Takashi| Sugimoto, Seiichiro| Kurosaki, Takeshi| Otani, Shinji| Miyoshi, Kentaroh| Yamane, Masaomi| Miyoshi, Shinichiro| Oto, Takahiro|
抄録 Stent placement is an essential treatment for airway diseases. Although self-expandable metallic stents and silicone stents are commonly applied for the treatment of airway diseases, these stents are unsuitable for the treatment of small airway diseases encountered in pediatric patients and lung transplant recipients with airway complications. Currently, only vascular balloon-expandable metallic stents are available for the treatment of small airway diseases; however, little research has been conducted on the use of these stents in this field. We have launched a prospective feasibility study to clarify the safety and efficacy of balloon-expandable metallic stents for the treatment of airway diseases.
キーワード metallic stent airway disease lung transplantation airway complication airway malignancy
Amo Type Clinical Study Protocols
発行日 2016-10
出版物タイトル Acta Medica Okayama
70巻
5号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 421
終了ページ 424
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
著作権者 CopyrightⒸ 2016 by Okayama University Medical School
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 27777440
Web of Sience KeyUT 000388098700017
Sort Key 11
タイトル(別表記) Theory and practice for clinical clerkship with improvement of patient safety
フルテキストURL 127_139.pdf
著者 山根 正修|
キーワード クリニカル・クラークシップ 患者安全 正統的周辺参加 臨床実習評価
備考 特集(Feature Articles)
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2015-08-03
127巻
2号
出版者 岡山医学会
出版者(別表記) Okayama Medical Association
開始ページ 139
終了ページ 146
ISSN 0030-1558
NCID AN00032489
資料タイプ 学術雑誌論文
関連URL isVersionOf https://doi.org/10.4044/joma.127.139
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2015 岡山医学会
論文のバージョン publisher
査読 有り
DOI 10.4044/joma.127.139
NAID 130005096258
Eprints Journal Name joma
参考文献 1) 医学教育白書2010年版, 日本医学教育学会編, 篠原出版新社, 東京(2010). 2) 医学教育白書2014年版, 日本医学教育学会編, 篠原出版新社, 東京(2014). 3) 吉田素文:診療参加型臨床実習(クリニカル・クラークシップ)の現状. 日内会誌(2007)96, 2667-2672. 4) 野村裕一, 横井茂夫, 河野嘉文:小児科診療参加型臨床実習の現状. 日小児会誌(2013)117, 1811-1815. 5) Lave J, Wenger E:正当的周辺参加論(Legitimate peripheral participation) ;in Situated Learning, Legitimate Peripheral Participation, Cambridge University Press, Oxford (1991). 6) 松本雄一:特集人材育成とキャリア開発 実践共同体における学習と熟達化. 労研(2013)639, 15-26. 7) 日本医学教育学会 倫理・プロフェッショナリズム委員会監訳:医療プロフェッショナリズム教育 理論と原則, リチャード・クルーズ, シルヴィア・クルーズ, イボンヌ・シュタイナート編著, 日本評論社, 東京(2012). 8) 石川雅彦, 平尾智広, 前沢政次:卒前医学教育における医療安全教育の現状と課題. 医教育(2008)39, 115-119. 9) WHO Patient Safety Curriculum Guide. 10) 高水間亮治:診療参加型臨床実習についての一般市民の認識と今後の課題 一般市民の医学教育への協力を得るために. 産業医大誌(2009)31, 195-205. 11) 喜多伸幸, 村上 節, 高橋健太郎:医学生のアンケート調査に基づいた臨床実習指導に関する検討. 滋賀医大誌(2014)27, 1-3.
著者 Yamamoto, Sumiharu| Okazaki, Mikio| Yamane, Masaomi| Miyoshi, Kentaro| Otani, Shinji| Kakishita, Tomokazu| Yoshida, Osamu| Waki, Naohisa| Toyooka, Shinichi| Oto, Takahiro| Sano, Yoshifumi| Miyoshi, Shinichiro|
発行日 2012-03
出版物タイトル Transplant Immunology
26巻
2-3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Shien, Kazuhiko| Toyooka, Shinichi| Ichimura, Kouichi| Soh, Junichi| Furukawa, Masashi| Maki, Yuho| Muraoka, Takayuki| Tanaka, Norimitsu| Ueno, Tsuyoshi| Asano, Hiroaki| Tsukuda, Kazunori| Yamane, Masaomi| Oto, Takahiro| Kiura, Katsuyuki| Miyoshi, Shinichiro|
発行日 2012-07
出版物タイトル Lung Cancer
77巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 三好 健太郎| 大藤 剛宏| 大谷 真二| 田中 真| 原田 昌明| 柿下 大一| 堀 志郎| 脇 直久| 山根 正修| 三好 新一郎|
発行日 2011-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
123巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/30991
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Okutani, Daisuke| Yamane, Masaomi| Toyooka, Shinichi| Oto, Takahiro| Aoe, Motoi| Sano, Yoshifumi| Date, Hiroshi|
抄録 <p>Dry pleural dissemination in non-small cell lung cancer, defined as solid pleural metastasis of lung cancer without pleural eff usion, is a condition occurring in T4 lung cancer. Positron emission tomography (PET) has been reported to be useful for the diagnosis and staging of lung cancer. It has been reported that positive findings on PET scans of indeterminate pleural abnormalities at computed tomography (CT) are sensitive to malignancy. We encountered two cases of dry small pleural dissemination of adenocarcinoma of the lung preoperatively detected by PET/CT. A 75-year-old man and a 66-year-old man underwent CT scan, which demonstrated solitary tumor in the lung, an enlarged mediastinal lymph node, and a small pleural nodule less than 10 mm in size, all of which were positive findings on the fluorine 18 fluorodeoxyglucose (FDG) PET portion of an integrated PET/CT. Both patients underwent thoracoscopic biopsy of the dry pleural nodule revealing dissemination of adenocarcinoma of the lung (T4). Whereas histological thoracoscopic diagnosis remains mandatory before planning treatment, our cases may suggest that PET/CT will be useful as a screening modality for dry pleural dissemination of lung cancer.</p>
キーワード non-small cell lung cancer pleural dissemination positron emission tomography PET/CT
Amo Type Case Report
発行日 2008-02
出版物タイトル Acta Medica Okayama
62巻
1号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 55
終了ページ 58
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 18323864
Web of Sience KeyUT 000253549500008
著者 杉本 誠一郎| 伊達 洋至| 杉本 龍士郎| 山根 正修| 豊岡 伸一| 大藤 剛宏| 青江 基| 佐野 由文|
発行日 2007-09-03
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
119巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 山根 正修|
発行日 2003-09-30
出版物タイトル
資料タイプ 学位論文