このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 50822
フルテキストURL
Thumnail 125_139.pdf 2.71 MB
タイトル(別表記)
A case of strangulated ileus caused by internal hernia through a defect in the broad ligament of the uterus
著者
羽井佐 実 岡山市立市民病院 消化器外科
酒井 亮 岡山市立市民病院 消化器外科
栗原 英祐 岡山市立市民病院 消化器外科
寺本 淳 岡山市立市民病院 消化器外科
庄賀 一彦 岡山市立市民病院 消化器外科
光岡 晋太郎 岡山市立市民病院 消化器外科
西村 守 岡山市立市民病院 消化器内科
佐藤 雄紀 岡山市立市民病院 消化器内科
難波 次郎 岡山市立市民病院 消化器内科
抄録
A 41-year-old woman was admitted to our hospital because of lower abdominal pain. She had no history of laparotomy. An abdominal CT scan at the time of admission indicated closed-loop intestinal obstruction of the small intestine within the pelvis and deviation of the uterus to the right. We diagnosed this as a strangulated internal hernia and decided to conduct an emergency operation. The ileum had herniated through a defect in the broad ligament of the uterus. The strangulated intestinal loop, which was about 25cm long, was released, and the defect of the broad ligament was closed. The postoperative course was uneventful. The differential diagnosis of intestinal obstruction should include internal hernia, especially in the absence of a previous laparotomy. An abdominal CT scan is quite useful for the preoperative and prompt diagnosis of internal hernia through a defect in the broad ligament of the uterus.
キーワード
子宮広間膜裂孔(broad ligament)
内ヘルニア(internal hernia)
絞扼性イレウス(strangulated ileus)
MDCT(multi-detector CT)
備考
症例報告 (Case Report)
発行日
2013-08-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
125巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
139
終了ページ
143
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2013 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma