JaLCDOI 10.18926/11729
タイトル(別表記) Public transportation and the disabled person
フルテキストURL 010_2_085_090.pdf
著者 檜垣 みちよ| 赤澤 良子| 太田 康代| 赤澤 豊子| 太田 久恵| 大野 伸子| 三宅 浩美| 石原 寛恵| 松浦 徳枝| 安部 啓子| 赤木 美鹿| 太田 武夫| 岡野 初枝|
抄録 機能訓練事業として実施している「生活リハビリ教室」の教室生208名を対象に,公共交通機関を利用して外出するために障害になっている要因を明らかにする目的で,郵送法による自記式アンケート調査を行った。回答は125名(60.1%)からあった。外出経験がある者は67名(53.6%)で外出経験がない者が58名であった。外出時に付添いが必要と思っている者は,外出経験のない者に多かった。公共交通機関を利用しての外出を阻害している要因には,乗り物の昇降口に段差があることや早く発車して危険である,また周囲の人に介助を依頼しにくいことなどが挙げられている。身体機能障害者が外出できない理由は個人によって異なってはいるが,地域社会に身体機能障害者を受け入れる環境を整えていく必要がある。
抄録(別表記) A survey was distributed by mail to disabled people who received functional training in 1997. Of 208 questionnaires sent, 125 (60.1%) were returned. Sixty-seven (53.6%) of the respondents had experience traveled outside. People who participate in functional trainning for disability hope to have an attendant to accompany them when traveling. One primary factor that hinders traveling outside and using public transportation is that they cannot ask for help because of shyness. Another factor is the construction of entrances (e.g.,bumps) for vehicles which cannot be traversed easily. Reasons differed among those who had traveled outside and those who had not. It is necessary to prepare an environment (e.g., public transportationto) for ease of use for disabled persons in regional communities.
キーワード 身体機能障害者 (disabled person) 外出 (traveling) 公共交通機関 (public transportation)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2000-03-24
10巻
2号
開始ページ 85
終了ページ 90
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313665