このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11147
Eprint ID
11147
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Cattle Performance Improvement Trials in Southeast Asian Countries, Using Japanese Cattle
著者
和田 宏 岡山大学
田中 一栄 東京農業大学家畜育種学講座
奥島 史朗 岡山大学
近藤 康博 岡山大学
河本 泰生 岡山大学
Lantug, L.A. Section of Animal Husbandry, Distinct Office, North Sulawesi
Marangkey, J.B. Animal Science, Samu Ratulangi University
抄録
The Project was designed to improve the performance of cattle in Southeast Asia, using Japanese Cattle, Frozen semen of the Japanese Brown breed of cattle was send by air to Manado, North sulawesi, lndonesia. The frozen semen was inseminated to P. O. (Peranakan Ongole) cow. A female hybrid (F1) was produced after duration of pregnancy of 289 days. This is the first hybrid of cattle between Japanese Brown breed cattle and Peranakan Ongole in lndonesia. We call F1 of crossbreed of Ongole with Japanese Brown breed cattle, Jabragole.
抄録(別表記)
この研究は日本の牛を用いて東南アジヤの牛の能力を改善するために計画した。日本の褐毛和種牛の凍結精液をインドネシア・北スラウエシのマナドに空輸した。この凍結精液をP.Ongole雌牛に人工授精した。289日の妊娠期間の後に1頭の雌雑種牛F1が生まれた。F1は日本の褐毛和種とオンゴール牛との間に生まれた最初の交雑種F1である。私どもはこれをジャブラゴール(Jabragole)と名付けた。
キーワード
Ongole
Japanese Brown breed cattle
frozen semen
hybrid
Jabragole
発行日
1996-02-01
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
85巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
59
終了ページ
62
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa