このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19678
JaLCDOI
Sort Key
12
タイトル(別表記)
Spa therapy for bronchial asthma. Annual changes of characteristics of asthmatics admitted during the past four years.
フルテキストURL
著者
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属環境病態研究施設基礎環境病態学分野
周藤 真康 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
駒越 春樹 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
森永 寛 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
1982年1月から1985年12月までの4年間に三朝分院内科へ入院し,温泉療法を受けた気管支喘息45例を対象にその年次推移を検討した。1.性別:初期2年間は男性の入院症例が多い状況であったが,後期2年間では男女比はほぼ等しかった。2.年令:年次推移はみられず,その平均年令は50±2才の間にあった。3.地域分布:初期2年間は岡山県からの入院症例が多数をしめたが,後期2年間ではむしろ鳥取県からの入院症例が増加する傾向がみられた。4.入院期間:初期2年間の平均入院期間は6.7カ月,6.5カ月とかなり長くなる傾向がみられたが,後期2年間ではそれぞれ3.0カ月,1.5カ月と明らかな短縮傾向がみられた。5.臨床病型:いずれの年度においても重症化傾向の強いⅠb型,Ⅱ型が多くみられたが,各年度間には差はみられなかった。6.ステロイド剤使用状況:年度の経過とともにその使用量は減少して いく傾向が示された。
抄録(別表記)
Annual changes of characteristics, sex, area (Prefecture) of patients' coming from, term of admission, clinical classification of asthma and use of glucocorticoids, were examined in 45 patients with bronchial asthma who were admitted at Misasa Hospital, Okayama University Medical School and received spa therapy during the past four years from 1982 to 1985. In the first two years from 1982 to 1983, more patients with bronchial asthma were admitted from Okayama Prefecture, and the majority of them had severe asthma attacks and were more dependent on steroid-therapy. On the other hand, in the past two years from 1984 to 1985, number of patients with bronchial asthma from Tottori Prefecture increases, and their attacks were less severe and less dependent on steroid-therapy compared to the patients admitted during the first two years. Term of admission became shorter in the past two years than in the first two years. Any differences between the first and the past two years were not shown in sex, patient age and asthma types classified by clinical symptoms.
キーワード
気管支喘息 (Bronchial asthma)
温泉療法 (spa therapy)
臨床病型 (asthma type)
出版物タイトル
環境病態研報告
発行日
1986-07
57巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
37
終了ページ
41
ISSN
09133771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc