このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11670
Eprint ID
11670
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A case of atopic asthma characterized by marked neutrophilia in BALF
著者
河内 和久 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
周藤 眞康 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
片岡 久和 岡山大学医学部附属病院第二内科
多田 慎也 岡山大学医学部附属病院第二内科
高橋 清 岡山大学医学部附属病院第二内科
木村 郁郎 岡山大学医学部附属病院第二内科
抄録
気管支肺胞洗浄液(BALF)中に高度の好中球の増多が見られ,治療により臨床症状の軽快と共にBALF中の好中球の減少を認めたアトピー型喘息の一例を経験した。経過中5回施行したBALF中の好中球百分率はそれぞれ65.4%,56.2%,42.4%,5.6%,5.6%であり,4回目,5回目では著明な好中球減少を認めた。本症例の如き症例は今後増加することが予想され,その発症病態を含め今後さらに症例を重ねて検討して行く必要があると 考えられた。
抄録(別表記)
The clinical course and characteristics of a case with atopic asthma, showing marked neutrophilia in BALF and severe asthma attacks, were observed the frequency of neutrophils in BALF decreased followed by the improvement of her asthma attacks with therapy. The frequency of neutrophils in BALF was 65.4% at the initial stage before the therapy and decreased to 5.6% at attackfree stage after the therapy. The changes in frequency of neutrophils in BALF, obserbed in this case, should be noticed, because the cell in BALF were hardly affected by any treatment.
キーワード
アトピー型喘息 (Atopic asthma)
好中球 (Neutrophil)
気管支肺胞洗浄法 (Bronchoaiveolar lavage)
発行日
1990-09
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
61巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
129
終了ページ
133
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc