このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14375
Eprint ID
14375
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A Trial of Learning Singing Expression on the base of Images and Feelings - A Case Study in a Primary School -
著者
加藤 晴子 くらしき作陽大学音楽学部
逸見 学伸 倉敷市立琴浦東小学校
奥 忍 岡山大学教育学部
抄録
歌唱表現学習では、詩や楽曲のイメージや気持ちを表現する活動が多い。学習では、イメージや気持ちを伝え合うための体験が不可欠であり、その積み重ねが豊かな歌唱表現の実現に繋がると考える。 そこで本研究では、相互のコミュニケーションの視点から歌唱表現の学習プランを提示し、授業実践を行った。授業の観察と分析を通して学習の有効性を検証した結果、以下の点が明らかになった。 ① 表現したいことを考え歌唱の工夫をすることを通して、表現する楽しさを味わうことができた。 ② 自分が表現したいものを実現するためには何が必要かを子ども自身が考えることができた。 ③ 表現の多様性に気づき、互いの表現を認め合うことができた。
抄録(別表記)
In leaning singing expression, school children learn mostly how to express images and feelings of the song. In this context, it is necessary to have experiences to convey his/her images and feelings each other. Without those experiences, children cannot express their images and feelings well. In this study, a classroom teaching/learning for singing expression from a view-point of mutural communication was tried in a primary school. Though observing and analyzing this practice, the following points became clear. ① Thinking content of expression and devising singing, the children were able to appreciate joy of expression. ② The children were able to realize what was necessary to express their images and feelings. ③ The children realized a variety of expression and were able to appreciate different ways of expression by other children.
キーワード
イメージ (images)
歌唱表現 (singing expression)
コミュニケーション (communication)
自由な表現 (free expression)
歌唱技能の習得 (acquisition of song skills)
発行日
2007-03-10
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
7巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
49
終了ページ
59
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
rdc