このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17086
Eprint ID
17086
フルテキストURL
Thumnail 89_245.pdf 6.5 MB
タイトル(別表記)
Two cases of IgG (K type) myeloma
著者
綱島 武彦 岡山大学医学部第1内科学教室
有馬 暉勝 岡山大学医学部第1内科学教室
北 昭一 岡山大学医学部第1内科学教室
広畑 衛 三豊綜合病院内科
坪井 修平 三豊綜合病院内科
谷川 高 三豊綜合病院内科
今井 正信 三豊綜合病院内科
抄録
Two patients with K-type IgG myeloma are reported. These patients were admitted to the Mitoyo General Hospital and studied for long periods. Case 1: 56 year-old woman, had typical bony lesions and atypical plasma cell proliferation in the bone marrow. Bence-Jones protein in her urine was negative. The serum IgG level was 4.38g/dl. She survived for 29 months after the diagnosis. Case 2: 85 year-old man, survived for 41 months after the diagnosis was established. There was no bony lesion in X-Ray examination. Uninary Bence-Jones protein was negative. 16.6 % of atypical plasma cells were found in the bone marrow. Serum IgG level was 3.3g/dl.
発行日
1977-04-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
89巻
3-4号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
245
終了ページ
252
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/89/3-4/89_3-4_245/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma