このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11871
JaLCDOI
Sort Key
8
タイトル(別表記)
IgG Heavy-Chain Subclass Typing of Human Serum M-Protein -Optimal condition for the separation and the detection with high resolution of agarose gel isoelectrofocusing-
フルテキストURL
著者
一村 光子 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
唐下 博子 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
崎山 順子 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
中田 安成 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
遠藤 浩 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
抄録
IgG Heavy-Chain subclass typing of human serum M-protein were isoelectrofocussed (IEF) in agarose gel, and then the bands of IgG were detected with peroxidase-conjugated anti-human IgG1-4 monoclonal antibodies on the same isoelectrofocussed agarose gel plate. This IEF enzyme immunodetection patterns were composed of four to eight discrete bands (The range of pI was 6.0 to 9.0). These bands were dependent on immunofixationbands. It was very specific and clear to detect the subclass of IgG Type M-protein in human serum using this method.
キーワード
IgG Subclass
M-Protein
Isoelectrofocusing
Monoclonal Antibodies
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日
1994-01-31
4巻
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
47
終了ページ
51
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
fhs