Scientific Reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
Published by the Faculty of Agriculture, Okayama University
ONLINE ISSN : 2186-7755

笠岡湾干拓畑土壌に対する土壌改良資材の除塩効果

三宅 靖人 岡山大学
下瀬 昇 岡山大学
河内 知道 岡山大学
抄録
笠岡湾干拓畑土壌に対する土壌改良資材(石膏,ケイカル,パーク堆肥)の除塩効果を検討し,つぎの結果をえた. 1)石膏の施用は,無処理およびケイカル,パーク堆肥処理に比べ土壌pHを低く保持する傾向が認められた. 2)水溶性Naの溶脱は強度に進行しており,置換性Na量も資材無施用区,各処理区ともに低い値を示した. 3)土壌中の水溶性Ca量および置換性Ca量は石膏施用直後から顕著に増加した,そしてこれらCa量は経時的に減少の傾向を示すとともに,表層から下層への移行の傾向が認められた.一方,ケイカル施用の場合におけるCa量の動向は,石膏の場合より緩やかであった。
キーワード
笠岡湾干拓畑
土壌改良資材
除塩効果
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029