Scientific Reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
Published by the Faculty of Agriculture, Okayama University
ONLINE ISSN : 2186-7755

サイレージの調整法に関する研究 (第11報)イネワラサイレージ調製の際の糖ミツ尿素液体飼料および糖ミツ添加の効果

須藤 浩 岡山大学
内田 仙二 岡山大学
抄録
糖ミツ尿索液体飼料(Moreaと記す)および糖ミツのイネワラサイレージへの添加効果を知るために,乾燥イネワラの水分を約72%に調節し,5%量のMoreaまたは糖ミツを添加して常法により,サイレージを調製した. でき上りサイレージの成分・品質ならびに消化率を調査して,これらの添加効果を検討した. 実験結果の要約はつぎのようである. 1)各区サイレージのpH価は,Morea区5.18,無添加区4.92,糖ミツ区3.90で,糖ミツ区がもっとも低かった. 2)サイレージの乳酸含量は,糖ミツ区3.13%,Morea区0.94%,対照区0.32%であり,酪酸はいずれの区にもみられた. 品質は糖ミツ区82点,Morea区25点,対照区12点となり,糖ミツ添加の効果が認められた. 3)全窒素に対するアンモニア態窒素の比率は,糖ミツ区(4.6%)はきわめて低く,対照区(41.8%),Morea区(37.5%)はきわめて高かった。
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029