Scientific Reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
Published by the Faculty of Agriculture, Okayama University
ONLINE ISSN : 2186-7755

メロン熟期に於ける水分操作の効果に就て(第1報)

益田 忠雄 岡山大学
小寺 正史 岡山大学
秋田 史郎 岡山大学
抄録
(1)本実験はメロンの合理的灌水量を求めるために行つた.(2)成熟期の灌水の少量は多量に比べて全糖量及芳香の点で優れた果実を生産する.然し重量,肉の厚さ,含水量及び種子重に於て劣る.(3)灌水量の或る程度以上の減量は生理上より見て望ましくない。
キーワード
メロン熟期
水分操作
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029