Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
Published by Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

小・中学校における特別支援教育コーディネーターの職務と校内体制

三宅 康勝 岡山大学特別支援教育特別専攻科
横川 真二 岡山県立早島養護学校
吉利 宗久 岡山大学教育学部
抄録
本研究では、小・中学校における特別支援教育コーディネーターを対象に質問紙調査(144校)を実施し、その職務の状況と校内体制の在り方に関して考察を行った(回収率;59.0%,85校)。その結果、特別支援教育コーディネーターの活動は、校内での支援体制づくりの過程にあり、多くが現在の体制について満足しておらず、「校務分掌や担任の仕事が忙しく、時間がない」、「教職員の理解が得られない」といった課題を感じていた。今後、地域性や校内事情を考慮しながらも、一定のコーディネーター像を確立した上で、特別支援教育に関する学校全体の意識を高めていく必要性が示唆された。
キーワード
特別支援教育 (Special Needs Education)
特別支援教育コーディネーター (Special Needs Education Coordinator)
校内体制 (School System)
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614