Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
Published by Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

身近なものを使ったバイオリアクタ―の教材化

浦川 洋平 岡山大学大学院教育学研究科
柿原 聖治 岡山大学教育学部
抄録
本研究では、開発したバイオリアクタ―の利点や改善点を確認し、また高校生に「バイオエタノール」についての関心や理解を持たせることを目的とし、授業実践を行った。 その結果、従来のバイオリアクタ―と比べて、短い時間で明確にバイオエタノールの有無が確認でき、バイオエタノールの生産過程やその価値に対して、生徒は興味を持って考察する態度が見られるようになった。
キーワード
バイオエタノール (Bioethanol)
バイオリアクタ― (Bioreactor)
高校理科 (High School Science)
微生物 (Microorganism)
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614