Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
Published by Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

コア・カリキュラム模索期における作文・綴り方教育―戦後作文・綴り方教育理論・実践史―

菅原 稔 岡山大学
抄録
本研究は、戦後当初のわが国において、コア・カリキュラムおよび生活教育が模索された時期を中心に、その影響下での国語科教育(作文・綴り方教育)がどのようなものであったのかを明らかにしようとする。これまで、戦後の国語科教育(作文・綴り方教育)は、1950(昭和25)年を境に復興・興隆したとされるのが一般的であった。しかし、具体的な復興・興隆の以前に、その土壌あるいは萌芽ともいえるものが何らかの形であったのではないか。そのような仮説のもとに、コア・カリキュラムおよび生活教育の模索期における国語科教育(作文・綴り方教育)が持つ内容・方法・特質等を考察した。
キーワード
作文・綴り方教育 (Writing and Composition Teaching)
戦後教育 (Post-War Education)
コア・カリキュラム (Core Curriculum)
生活教育 (Life Education)
経験主義 (Empiricism)
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614