Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
Published by Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

黒澤・小川編『標準師範学校音楽教科書』(1938)における歌曲

鈴木 慎一朗 岡山大学
奥 忍 岡山大学
抄録
本稿の目的は、黒澤隆朝・小川一朗編『標準師範学校音楽教科書』(1938)の歌曲を概観することによって、国定師範学校教科書が発行される直後の検定済教科書における歌曲の特徴と傾向を明らかにすることである。『師範音楽 本科用巻一』(1943)との比較を通して、以下の3点が明らかとなった。①『標準師範学校音楽教科書』は、歌曲の他、器楽、鑑賞、音楽理論、音楽基礎の分野を含み、編纂された教科書である。②8割近くの歌曲は、西洋の作品ないしは西洋の民謡であり、それらの歌詞は原曲の翻案か、新しく作られた日本語の詩である。③ミリタリズム志向の歌曲教材には、4/4拍子、 、弱起、長調の行進曲が適用されている。
キーワード
『標準師範学校音楽教科書』 (Hyojun Shihan Gako Ongaku Kyokasho)
歌曲 (Song Materials)
黒澤隆朝 (T. Kurosawa)
小川一朗 (I. Ogawa)
ミリタリズム (Militarism)
行進曲 (Western Marches)
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614