Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
Published by Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

身近な生物に関する調査報告 -平成15年度第4四半期「理科授業研究A」受講生の場合-

田中 賢治 岡山大学
田牧 愛 岡山大学
抄録
平成15年度第4四半期「理科授業研究A」受講生を回答者として、「多様な生物」に関する意識と現行の小中学校理科(生活科を含む)教科書に示されている「身近な生物」の身近さの程度とを問うアンケート調査を実施し、回答結果を分析・考察した。小学校教員になろうとする学生として、例えば、教科書で示されている生物の1/3は身近な生物ではなく、1/5は聴いたことさえない生物であること、また、「生物多様性条約」「生物多様性国家戦略」を誰一人として聴いたことがないことからわかるように、環境教育に関わる新しい課題「生物の多様性」に対処していくために必要な知識や関心があるとは言い難かった。教科書で示されている生物に対する検討だけでなく、教員養成に関しても検討が求められるものである。
キーワード
調査報告 (student surveys)
身近な生物 (familiar living things)
理科教科書 (science textbooks)
小学校教員免許状取得希望者 (students in the pre-service teacher education program)
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614